Deathwish meets Youth Attack!さながらDeathwishオールスターでの初期衝動ハードコア・スタイル!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2019.07.03

    • LINE

    • メール


    Deathwish meets Youth Attack!
    さながらDeathwishオールスターでの初期衝動ハードコア・スタイル!


    ■TOUCHE AMORE、THE HOPE CONSPIRACY、TRAP THEM、GOUGE AWAYのメンバーによって結成。さながら新旧Deathwishオールスターの顔振れでの新バンド。

    ■各バンドでのある種の成熟さからはある程度距離を置き、初期衝動を最大の所信としている。わずか数日でレコーディング完了した本作は、ショートカット・チューン連射のストレートなハードコア・サウンドにGOUGE AWAYのポリティカルさをまとったスタイル。現代ハードコア界で一際文学的な詩を綴るJeremy Bolm(TOUCHE AMORE)の直接的アプローチの鋭い歌詞も聴きどころ。

    ■アートワークはMark McCoy(Youth Attack!)が担当。HESITATION WOUNDS自体がYouth Attack!の立ち位置へのオマージュを感じさせるバンドだけに、必然とも思える起用だ。それぞれ異なるシーンとやり方で現代USハードコアを発信し続けるDeathwishとYouth Attack!のタッグという意味でも重要な1枚。

    ■全世界に先駆けて日本先行発売(intl: 8/30)。日本盤のみボーナス・トラック4曲収録。

    tracklist
    01. Viewing (Pt.2) 
    02. Paragons Of Virtue 
    03. Charlatan F**k 
    04. Trending 
    05. At Our Best When We're Asleep 
    06. Hellevangelist 
    07. Ends (Pt.3) 
    08. Viewing* 
    09. A. Smith (The Death Of A Teenager) *
    10. P. Ochs (The Death Of A Rebel)*
    11. Realism (The Death Of Innocense)*
    *日本盤ボーナス・トラック
    • 前の記事へ

      SOSITE / 加倉美慧 & 小松正宏のインタビューが公開

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.07.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      the JUMPSの島キクジロウが、小澤亜子(ex.ゼルダ)ら多数の仲間たちと憲法をテーマにしたアルバムを制作

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.07.03

    • 一覧へ戻る