遠藤賢司、特別追悼盤 「不滅の遠藤兄弟」「満足できるかな 180g重量盤」

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2019.08.16

    • LINE

    • メール
    遠藤賢司 遠藤ミチロウ 特別追悼盤
    “不滅の遠藤兄弟” ラスト・ライブ

    2017年10月25日に亡くなり、今年で三回忌を迎える遠藤賢司。そして、2019年4月25日に亡くなった遠藤ミチロウ。
    この二人が生前『遠藤兄弟』名義で行った最後の公演となった、2016年2月21日大阪ファンダンゴでのライブの模様を全曲収録したライブ盤。お互いをいたわりあい、尊敬しあう2人。やさしさと怒りともどかしさと可愛さがあふれた、この2人にしか醸し出すことのできない究極の空間から、すべてに向けて放たれた自由な歌の数々。それは不滅の遠藤兄弟。MCも極力カットせず、すべて収録予定。【歌詞、解説付き】
    遠藤賢司 三回忌特別追悼盤
    エンケンの代表作『満足できるかな』
    オリジナル・マスターテープからカッティング 180g重量盤で限定復刻!

    1971年11月に当時ポリドールからリリースされた遠藤賢司の2ndアルバム『満足できるかな』。ヒット曲「カレーライス」を収録した本作は、前作『niyago』に引き続き、はっぴいえんどの3人(細野晴臣、鈴木茂、松本隆)を起用し、日本語ロックを高らかに鳴らした歴史的名盤として今なお聴き継がれている。タイトル曲の「満足できるかな」をはじめ、ウクレレを用いたカラっと明るい「寝図美よこれが太平洋だ」、どこか妖しくダウナーな雰囲気を醸し出す究極のアシッドフォークソング「君はまだ帰ってこない」、「待ちすぎた僕はとても疲れてしまった」、「ミルクティー」など、のちのライブでも演奏される機会が多かった楽曲も多く収められている。オリジナル・マスターテープから湯浅学氏監修のもとカッティングを実施、オリジナルに近い質感と高音質を実現したアナログ盤で聴く『満足できるかな』最後の決定盤。
    【完全限定プレス】【180g重量盤】【ポスター封入】【監修他 湯浅学】