ハードコア、メタル、全てのヘヴィな音楽を飲み込むダークな世界観Otus、満を持してのファースト・アルバム完成!!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2019.11.21

    • LINE

    • メール
    ハードコア、メタル、全てのヘヴィな音楽を飲み込むダークな世界観
    満を持してのファースト・アルバム完成!!

    ■東京近郊を拠点に活動するOtusは2012年結成。ダークなハードコアに現代的なへヴィさを加え、90'sハードコアのエッセンスを交えてアップデイトしたサウンドが、国内外で広く認知されている。CODE ORANGE、EARTH CRISIS、TERROR、KNOCKED LOOSE等様々な海外勢のサポートを務め、『Pump Up The Volume』『Bloodaxe』といった大型ハードコア・フェスでも快演。メンバー自らも海外アーティストの招聘を行う。加えてCOUNTRY YARD、MEANING等との共演も果たすなど、アンダーグラウンドだけにこだわらない活動は非常に積極的だ。
    ■Otusはいくつかの単独作をはじめとして音源をコンスタントにリリースしてきたが、本作は満を持してのファースト・フル・アルバム。再レコーディングの1曲を除き、全て書き下しの新曲で構成しており、Devu Recording Studioにて一切の妥協無く徹底的に作り込んだ。タイトル"Murk"(暗黒、暗闇)が示す通り、全ての人間の内部にある陰鬱とした暗部を直視し掘り下げる歌詞の世界観にも深さを感じる。
    ■マスタリングはBrad Boatright (Audiosiege)が担当。90年代からアメリカのハードコア・シーンでキャリアを始め、今や世界トップクラスの激音エンジニアとして名を馳せる。CONVERGE、NAILS、FULL OF HELL、SUNN O)))、SLEEP等を手掛けた手腕はさすがで、Otusとの相性は想像以上に抜群だ。またアートワークはAndrew Gomez IV (GLORY KID、TIME FOR CHANGE)によるもの。全ての歌詞に目を通した上で、本作の世界観を過不足なくビジュアル化。制作環境は文字通り日本だけに留まらない。
    ■ここ最近のライヴで顕著なパフォーマンスの凄まじさと、著しい成長が証として刻まれた快作。'20年代の幕開けに相応しい真摯な激音盤!


    【出演決定】
    『leave them all behind 2020』
    2020/2/1(土)下北沢Garden
    CAVE IN、OLD MAN GLOOM、GREENMACHiNE、ENDON、OTUS




    • 前の記事へ

      2020年1月15日 渋谷クラブクアトロで、遠藤賢司生誕72周年『お~い えんけん!ちゃんとやってるよ!2020』が開催!!

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.12.12

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      2020年、一番ハッピーなアイドル『ピコピコ☆レボリューション』 新譜発売!!

      DIW PRODUCTS GROUP

      2019.11.21

    • 一覧へ戻る