The SKAMOTTS、二枚目の7inchシングルがリリース決定!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース
  • 2020.01.16

    • LINE

    • メール


    たをやめオルケスタを牽引する岡村トモ子(as)によるスカ・バンド、The SKAMOTTS。
    大ヒットを記録した1st 7inchに続き、早くも二枚目の7inchシングルがリリース決定!
    期待のゲスト勢には、雨ふらしカルテットのフロントマン "葛西 孝道" 、そしてエレクトロニック・レゲエ・リズム・プロダクション "Bim One Production" が参加!!

    岡村トモ子が持つスカへの強烈な初期衝動に、様々なバックグラウンドを持った実力派アーティストが賛同し結成。
    一昨年、Playwrightから鮮烈なデビューを飾った、The SKAMOTTS。
    生粋のオーセンティック・スカを経由してアレンジされたサウンドは、往年のジャズ・ファンから街のRUDE BOYたちまで、幅広い層から注目を集めたのは記憶に新しい。昨年末にリリースされた、"なかの綾" "Kuro(TAMTAM)" をフィーチャーしたキャリア初の7inchは、異例のヒットを記録し、その地位をより強固なものとした。そして、早くも今春に二枚目の7inchシングルがリリースされる。

    A面には、青森発のスイング・ジャズ・バンドの雄、雨ふらしカルテットを率いる唯一無二の男前フロントマン "葛西 孝道" が参加した郷愁のキラースカ「青い傘」。
    さらにB面には、The SKAMOTTS が愛する The Skatalites「Phoenix City」のカバー楽曲が、 "Bim One Production" の手によりアップデートされ収録決定。このスカ~ダブ~ステッパーチューンを縦横無尽に駆け巡る本REMIXは、世界基準の和製ブリストル・サウンドと評しても過言ではないだろう。

    オンナの華やかさを前面に押し出した1st 7inchとは対称的なオトコのクールさに満ち溢れた一枚。
    たをやめオルケスタを率いる岡村トモ子だからこそ体現できた、ますらおぶり全開の本作をぜひ手元に。