パワーハウス、世界的新発見のライブ・アルバム「パワーハウス/1968-69」よりシングル・カット!7インチ発売!!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース

2020.07.01

  • LINE

  • メール
世界的新発見のライブ・アルバム「パワーハウス/1968-69」よりシングル・カット!7インチ発売!!

超ド級のフリーク・ビート‟パワーハウス”の7インチ。
カントリージョー&フィッシュ「Love」と、トラフィック「Dear Mr. Fantasy」のパワーハウスならではのカバーをカップリング。全世界向け大発売!!

Side A (1968)
竹村栄司:Vocal
陳信輝:Guitar
柳譲治:Bass
野木信一:Drums

Side B (1969)
竹村栄司:Vocal
陳信輝:Guitar
小野田克:Guitar
柳譲治:Bass
野木信一:Drums

編集・マスタリング:中村宗一郎

※ご注意:収録曲は変更の可能性がございます。

[パワーハウス]
1966年、竹村栄司(CHIBO)は、加部正義、陳信輝、ミッキー吉野、林恵文とヤードバーズなどをレパートリーにしたガレージ・ロック・バンド、ミッドナイト・エキスプレスを結成、アメリカン・スクールのダンス・パーティーやアメリカ軍のEMクラブなどで演奏し始めた。横浜ではその頃、グループ・アンド・アイ(デイヴ平尾)、ムー(柳ジョージ )など多くのバンドが結成される。その後、陳信輝(ギター)、アッチョン・チャイ(ドラム)、ミッキー吉野(キーボード)、テッド・ローパー(ギター)等と第1期ベベズを結成。メンバー・チェンジを経て、ベベズからは竹村栄司と陳信輝、ライバル・バンドであったムーの柳ジョージ、野木信一とで合体し、第2期ベベズを結成、そして1968年、“パワーハウス”と改名、ゴールデン・カップスと共に日本を代表するブルース・ロック・バンドとなる。1969年、東芝EMIから『ブルースの新星~パワーハウス登場』(竹村栄司、陳信輝、柳譲治、野木信一+ケネス伊藤、ミッキー吉野)を発表し、日比谷野音など多くのコンサートに出演、これが日本のロックの夜明けである。パワーハウス解散後の1971年、フリートウッド・マックなどイギリスのブルース・ロック・バンドの影響を受け、その発展形、パワーハウス・ブルース・バンドを結成する。陳信輝は加部正義、つのだひろ、柳田ヒロとフードブレインを結成し『晩餐』(ポリドール1970年9月)を発表、1971年に1stソロ『Shinki Chen』リリース後、加部正義、ジョーイ・スミスとスピード・グルー&シンキ結成。柳譲治は成毛滋、つのだひろとジプシー・アイズ結成し本格的にボーカルを担当。1970年9月にゴールデン・カップスに加入、『ザ・フィフス・ジェネレーション』、『ライヴ!! ザ・ゴールデン・カップス』に参加。1975年、柳ジョージ&レイニーウッド結成。パワーハウスというバンド名は、クリーム以前にあった幻のブルース・バンド“エリック・クラプトンとパワーハウス”から取られている。
  • 前の記事へ

    渡辺俊美 (TOKYO No.1 SOUL SET / THE ZOOT16 / 猪苗代湖ズ)監修! 福島の弾き語りシンガーソングライターが集結!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2020.07.01

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    日本ロックのパイオニア“パワーハウス”のライブ音源が発見CD化!!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2020.07.01

  • 一覧へ戻る

最新ニュース