松田優作、1987年5月のラスト・ライブを初CD化!写真家、渡邉俊夫氏によるフォトブックを附した豪華仕様初回限定盤!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース

2020.09.01

  • LINE

  • メール
松田優作、1987年5月、ラスト・ライブ。初CD化。
写真家、渡邉俊夫氏によるフォトブックを附した豪華仕様初回限定盤。

自らプロデュースした渾身の名作にして最後のアルバムとなった「松田優作 D.F. Nuance Band」(1987年4月)発売時の全国ツアー、そのうち最良のものと後に語り継がれた大阪サンケイホールでのライブ録音が発見された。

演奏は、本アルバムの為に松田優作が集めた最小かつ最強のメンバー、李世福、奈良敏博(サンハウス~シーナ&ザ・ロケッツ)、羽山伸也(EX)。

録音は本ツアーのライブ・エンジニア渡邉哲三氏によるライン録音、その後ミックスが施され音質は良好、また、この日の演奏全22曲をMCまで漏らすことなく収録した完全盤である。

俳優と同等に心血注いだアーチスト/音楽家/歌手/プロデューサーとしての松田優作、その最高傑作が33年目に出来た。

松田優作 & D.F.NUANCE BAND
松田優作 Vo
奈良敏博 B
羽山伸也 Ds
李世福 G

松田優作 & D.F.NUANCE BANDツアー大阪公演 1987年5月12日 大阪サンケイホール
録音・ミックス:渡邉哲三



★ディスクユニオンオリジナル特典付き★
「松田優作ポスター」
サイズ:A3
(写真:渡邉俊夫)
※特典画像は後日公開予定です。
※特典は無くなり次第終了となります。
  • 前の記事へ

    歌謡ロックグループ“サロメの唇”のベスト盤が『水のさとし編』『橘京子編』の2タイトルで同時リリース!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2020.09.01

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    TBMレーベルの至高の35タイトルを特別価格[1,500円(税別)]にてリリース! [第8期]

    DIW PRODUCTS GROUP

    2020.09.01

  • 一覧へ戻る

最新ニュース