サックス奏者Sam Gendel(サム・ゲンデル)と、ベーシストSam Wilkes(サム・ウィルクス)の2人が、2018年に産み出した名盤が待望の初CD化!!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース

2021.01.21

  • LINE

  • メール
ノンサッチからのリリース等でも注目を集める、新進気鋭のサックス奏者Sam Gendel(サム・ゲンデル)と、Louis Coleがドラムを務めるKnowerやJacob Collierのサポートメンバーとしても知られるベーシストSam Wilkes(サム・ウィルクス)の2人が、2018年に産み出した名盤が待望の初CD化!!

2018年にカセット・テープとレコードで発売された本作『Music For Saxofone & Bass Guitar』は、何度か再プレスをするも即ソールドアウトを繰り返し、現在ではほぼフィジカルでの入手は不可能であっただけに、この名盤のCD化を待ち望んでいた方も多いはず。タイトルのとおり、「サックスとベースのための音楽」がテーマとなっており、二つの楽器から生まれた演奏とは思えないほどの壮大かつ複雑な構成、そしてどこかレトロ・フューチャリスティックな全7曲が収録されている。ジャズというジャンルにとらわれず、アンビエント、ヒップホップ、サイケなどあらゆる音楽を吸収し、エクスペリメンタルにそれぞれのサウンドスケープを展開する、この二人の才能には脱帽。


  • 前の記事へ

    LA出身の若き才能溢れるベーシストSam Wilkes(サム・ウィルクス)による名盤で初ソロ作が、再発決定!!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2021.01.21

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    ロサンゼルスの天才ピアニスト、プロデューサーJamael Dean(ジャメル・ディーン)、待望のソロ・ピアノ・アルバムが完成!! ボーナス・トラックを加え、日本限定盤ハイレゾMQA対応仕様のCDでリリース!!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2021.01.21

  • 一覧へ戻る

最新ニュース