ブラジリアン・ソングサイクル第2章! 坂本慎太郎、デヴェンドラ・バンハートの参加も話題となったオ・テルノの最新作が待望となるアナログ・リリースにあわせて、国内盤CDでもリリース!

  • DIW PRODUCTS GROUP
  • ニュース

2021.06.02

  • LINE

  • メール




2017年ドイツで観たオ・テルノのライブは素晴らしかった。地球の反対側にこんな人たちがいることを知って嬉しくなった。―― 坂本慎太郎


ブラジリアン・ソングサイクル第2章! 坂本慎太郎、デヴェンドラ・バンハートの参加も話題となったオ・テルノの最新作が待望となるアナログ・リリースにあわせて、国内盤CDでもリリース決定!



カエターノ・ヴェローゾにも通ずるソング・ライティングと、ブライアン・ウィルソンやヴァン・ダイク・パークスを思わせるオーケストラ・アレンジ、ヴィンテージ機材を使用したフェティッシュなまでのサウンドへのこだわりで、ブラジル音楽ファンはもちろん多くのグッド・ミュージック・ファンを魅了し、ここ日本でも大きな話題となったチン・ベルナルデスのソロ作『ヘコメサール』。そのベルナルデスが率いるバンド、オ・テルノの最新作が本作『アトラス/アレン』である。



目玉はなんといっても先行で 7inch リリースされた坂本慎太郎とデヴェンドラ・バンハートがゲスト参加した “volta e meia” だろう。ドイツのフェスで共演したことがきっかけで実現したというこのコラボレーション。リズムボックスのチープなリズム、弦や管までが加わった現代ならではのオーケストラル・ポップに、坂本慎太郎のポエトリー・リーディング、ベネズエラにルーツを持つデヴェンドラのスペイン語詞が乗るマジカル・チューン! カエターノ・ヴェローゾやムタンチスを思わせる仄かなサイケデリアが夢見心地な”tudo que eu não fiz”、ダイナミックな展開を可能にする精緻なアレンジに圧倒される “nada/tudo”、弦やコーラスによるオーケストラ・サウンドにサンバのリズムが融合した “bielzinho/bielzinho” ...などなど、チン・ベルナルデス『ヘコメサール』の続編とでも言えそうなオーケストラル・ポップ路線は継続しつつ、さらにスケール感も増した全12曲を収録。ブラジルという枠を超えて聴かれるべき、真にエバーグリーンな名作の誕生だ。



■ライナーノーツ : 高橋健太郎

 

  • 前の記事へ

    台湾・高雄出身のオルタナティヴロックバンドSorry Youth (拍謝少年)から渾身の3rdアルバムが到着!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2021.06.10

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    アルゼンチン音響派の重要人物Alejandro Franov、キャリア最高傑作と誉れ高い2004年発表4thアルバムが世界初レコード化!

    DIW PRODUCTS GROUP

    2021.06.02

  • 一覧へ戻る

最新ニュース