相倉久人 ジャズ著作大全 / 下巻

相倉久人

言葉によるジャズ行為の爛熟章

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,800円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ISBN
9784907583026
発売年月
2014年3月
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ジャズ評論の生ける伝説!
相倉久人の名著が遂に復刊!


 

朝日新聞(2017.3.19朝刊)にて紹介されました!評者は奥泉光さんです。
レコード・コレクターズ」8月号にて書評が掲載されました! 評者は村井康司さんです。
北海道新聞 朝刊(6/1)の読書面に書評が掲載されました!評者は原田和典氏です。
SANKEI EXPRESS(3/30)にて紹介されました!


下巻にはジャズ四部作の『ジャズからの挨拶』『ジャズからの出発』を1冊 に収録。
相倉久人がジャズ、文化、社会、あるいは人間の営みについて何を思い、何を考え、その現場で何をしてきたかが 一望でき、ユニークな文筆活動が、現在の日本ジャズ・シーンに数々の影響を及ぼしていることに気づくことだろう。
21世紀の「今」を生きる者たちに向けて発信されていたものだったと、はっきりと実感されるはず。
 
―ダンスひとつ踊れない君たちに相倉久人の再評価なんか出来ると思っているのかね?
菊地成孔(帯文)
 
<収録著作>
『ジャズからの挨拶』(1973)
『ジャズからの出発』(1968)
 

まえがき : 菊地成孔
 


四六 / 576ページ / 上製

2014年3月発売