レコードによる弦楽四重奏曲の歴史 上巻

黎明期からハイドン、モーツァルト

幸松 肇

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,200円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

商品詳細情報

音楽の最も純粋な形式と言われる弦楽四重奏を、
その源流から辿る旅。

 



レコード芸術」(2016年4月号)にて紹介されました!
月刊「ミュージックトレード」(2016年2月号)にて紹介されました!
月刊「ミュージシャン」(2016年3月号)にて紹介されました!
ぶらあぼ」(2016年3月号)にて紹介されました!


雑誌『LP手帖』に、1975 年から7年にわたって連載された珠玉の評論、初の全文書籍化。

当時入手可能な全てのレコードに耳を通し、弦楽四重奏曲の歴史を黎明期から克明に辿るという空前絶後の試み。『弦楽四重奏曲の歴史 補遺』として名弦楽四重奏団の歴史、来日公演覚書など、長年蓄積された著者の貴重な知識と体験を、新たな書き下ろしと共に掲載。

<上巻のおもな内容>
第一部 ルネッサンスから古典派まで
第二部 ハイドンの弦楽四重奏曲
第三部 モーツァルトの弦楽四重奏曲
弦楽四重奏曲の歴史 追補(2016)

※下巻
第四部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(1) 習作、編曲作品、全曲録音
第五部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(2) 初期弦楽四重奏曲
第六部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(3) 中期弦楽四重奏曲
第七部 ベートーヴェンの弦楽四重奏曲(4) 後期弦楽四重奏曲
第八部 シューベルトの弦楽四重奏曲


デザイン:CLASSICUS



四六/496ページ/並製
2016年2月発売