バーのマスターは、「おかわり」をすすめない

林伸次

飲食店経営がいつだってこんなに楽しい理由

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,600円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ISBN
9784866470016
発売年月
2016年9月
版型
四六
ページ数
272ページ(カラー口絵16ページ)
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

「このビール、ぬるいんだけど」とお客さまに言われたら、あなたならどう対応しますか?
その都度悩んで、自ら回答を見つけてきた渋谷のバーのマスターの約20年。
楽しく経営を続けられたのには理由がある!






ほぼ日刊イトイ新聞で、著者・林伸次氏インタビューが掲載されました!
cakesにて、著者・林伸次氏と飲食店プロデューサー石渡康嗣さんの対談が掲載されました!
ラティーナ」(2016年10月号)にて書評が掲載されました!評者はオラシオさんです。


「バーの重たい扉の向こうには、お客さま、店主、お酒……その他たくさんの物語が詰まっています。
ぜひ、あなたもその物語に参加してみてください。」
――本文より


・お酒が飲めなくても楽しめる注文の仕方とは?
・「いいバー」の見分け方
・お酒を飲まなくなった若者たちへ
・デート中の男性は傷つけない
・お酒の飲み方いまむかし
・「このお酒しか飲まない」と決める
・安西水丸さんのギムレット
・失敗と失恋は買ってでも
・情報とお金はどんどん回そう
・お酒を出さない飲食店
・おかわりのすすめ方いろいろ


<目次>
一章 粋なバーの使い方
二章 紆余曲折、悩めるバー経営
三章 古きから学び、これからに生かすアイディアソース
四章 個人がお店をもつために
五章 東京・お酒ものがたり
六章 心に刻まれている、思い出のあの店


デザイン: 藤田康平(Barber)
撮影: 安彦幸枝