耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック

【付録CD:Music for Ringing by WORLD STANDARD】

鈴木惣一朗

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,000円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

商品詳細情報

音楽家が「耳鳴り」と「音楽」に向き合った、
これまでになかったCDブック。





レコード・コレクターズ」(2018年10月号)に書評が掲載されました!評者はヒロ宗和さんです。
9/2(日)坂本龍一さんがナビゲートするラジオ番組 「RADIO SAKAMOTO」 (J-WAVE)に著者、鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)さんがコメント出演!
岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」の若林恵さんの特別寄稿エッセイで紹介されました!
みんなのミシマガジン」青山ゆみこさんの連載「ほんのちょっと当事者」にて紹介されました!
音楽ナタリー」にて紹介されました!
月刊ラティーナ」(2018年8月号)「特集 日本の新しい室内楽 2018」にて、鈴木惣一朗(a.k.a ワールドスタンダード)インタヴューとともに紹介されました!
ぶらあぼ」(2018年8月号)にて紹介されました!
月刊ミュージシャン」(2018年8月号)にて紹介されました!



坂本龍一(音楽家)、大石直樹(慶應義塾大学病院 耳鼻咽喉科外来医長)
との「耳鳴り」についての対話を収録。

「耳にやさしいピアノの音、弦楽器の音、ベースの音とはどんなものかを、本作は改めて問い直している。
優しく響く楽曲はどういうもので、どういう録音の仕方をすれば、その優しさを引き出せるのか。
これからのレコーデッドミュージックのあり方を考える上でも、
耳鳴りのする音楽家の耳を通した貴重な実験が本作である」――若林恵(編集者・ライター、『さよなら未来』著者)

まえがき 音楽家、「耳鳴り」に悩む

part 1 耳鳴りについて、大石直樹先生に訊く
  脳で「音」はつくられてる
  耳鳴りに気づいてしまう
  小さなロウソクの炎でも暗い部屋では明るく見える
  認知行動療法
  耳鳴りは、そのぐらいでいいんだ
  ぼくの耳鳴り対処法
  アナログ・レコード盤の音
part 2 音楽家、耳鳴りについて語る。坂本龍一さんに訊く
  いろいろ試してみました
  「昨日は耳鳴りが3Kぐらい。今日は高くて7Kぐらいまでいっちゃってるなぁ」ってぼくにはわかるわけです
  ノイズ音こそ面白い
  「生まれて」「生きて」「病気になって」「死んでいく」
  静けさっていうのは「音」ではない
part 3 自分の症状に効果があるのかどうかを確かめつつ、耳鳴りにやさしい音楽をつくってみた。
part 4 収録CD「Music for Ringing」はどのようにつくられたのか? 楽曲解説

安眠するために聴いていた音楽
あとがき
参考文献


収録CD「Music for Ringing」について ※本CD単品での販売はおこなっておりません。

耳鳴りや不眠に悩む人はもちろん、心身が静けさを欲しているとき、
ゆっくり食事を楽しみたいときにも、聴いてほしいオリジナル楽曲。

1美しい響き  2降っても晴れても  3狼の眼  4永遠の夢  5壁掛けのピアノ
6鏡のなかの鏡  7生い立ちの歌  8ロウソクの炎  9生まれては消えてゆく音
10夜に想う夜に眠る  11小さな鐘

* 全11曲 44分49秒
* プロデュース 鈴木惣一朗(ワールドスタンダード)
* 演奏  田中佑司(ピアノ、ヴィブラフォン)山本哲也(シンセサイザー、マニピュレーション)中島久美(ヴァイオリン、ヴィオラ)白佐武史(チェロ)伊賀航(コントラバス)安宅浩司(ペダル・スティール)三浦千明(ホルン)



A5 / 56ページ+CD付き / 並製
2018年7月発売