サハリンを忘れない

後藤悠樹

日本人残留者たちの見果てぬ故郷、永い記憶

  • 新品在庫取寄せ
  • (5日~3週間後に発送)

2,500円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • LINE

  • メール

商品詳細情報

戦後70年あまり、ロシア・サハリン(樺太)では、多くの日本人が現在も暮らし続けている。
過酷な境遇を生き抜きいた彼らの顔、表情、そして、日々の営み──
ひとりの若手写真家が、現地で10年以上取材を続けて撮影し書き上げた、渾身のドキュメント。





 
9/25(火)NHKラジオ「ラジオ深夜便」に著者の後藤悠樹さんが出演されました!
OPENERSにて紹介されました!
週刊文春」(2018.7.26号)にて紹介されました!
日本経済新聞(2018.6.12朝刊)にて著者・後藤悠樹さんのインタビューが掲載されました!
日本とユーラシア(2018.4.15)にて紹介されました!
朝日新聞北海道版(2018.4.28)にて紹介されました!
中日新聞(2018.4.16)にて著者・後藤悠樹さんが紹介されました!
毎日新聞(2018.3.21)にて著者・後藤悠樹さんのインタビューが掲載されました!

読売新聞(2018.3.17)にて著者・後藤悠樹さんのインタビューが掲載されました!
北海道新聞(2018.3.13)にて著者・後藤悠樹さんインタビューが掲載されました!
ほぼ日刊イトイ新聞
にて紹介されました!
NPO法人日本サハリン協会のWebサイトにて紹介されました!

なぜ多くの日本人が、戦後も祖国に帰れなかったのか?
今もサハリンに生きる何人もの日本人・日系人のもとに著者が何度も足しげく通い、
家族のように一緒に泣いたり笑ったり、実の孫のようにかわいがられながら関係を深め、
話を丹念に聞きカメラに収めた、彼女たちの波乱に満ちた苦しい過去、そして穏やかで平和な今の暮らし。

「もうあと10年もすれば、私たちはまたひとつの世代を見送ることになるだろう。
その時にはこの写真の持つ意味もはっきりと理解できるのかもしれない」
──著者あとがきより



解説: 玄 武岩(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 准教授)
ロシア語版解説 パイチャゼ スヴェトラナ(北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院 助教)

ブックデザイン: 川畑あずさ



A5 / 288ページ(オールカラー) / 並製
2018年2月発売