フランス人の私が日本のアニメで育ったらこうなった。

エルザ・ブランツ

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

1,200円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

カートに入れる

カートに商品が追加されました。

カートを見る

閉じる

ネット書店で購入

ISBN
9784866471105
発売年月
2019年12月
版型
A5版
ページ数
128
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

80年代から90年代、放送された日本アニメ、
そしてその原作であるマンガは、フランスに大きな衝撃を与えた!

 

・「ダ・ヴィンチ」(3月号)、「厳選!!注目の新刊コミック」にて紹介されました。
ダ・ヴィンチニュースに書評が掲載されました。評者は朴順梨さんです。
・「読売新聞 夕刊」(2020.1.27)、「本 よみうり堂 コミック館」に記事が掲載されました。記者は池田創さんです。著者エルザ・ブランツさんへのインタビューも掲載されています。
・「アニメーションビジネス・ジャーナル」にて書評が掲載されました。評者は数土直志さんです。

日本に次ぎ、アニメ・マンガ好き、
世界で第2位の国・フランスでマンガ家になったエルザ・ブランツが描く、
懐かしさ満点のコミックエッセイ!
 
“かめはめ波”は練習すれば出るかもしれないと思っていた
“キャッツ・アイ”になりきりカードを飛ばしてみる、など
 

日本人と共通する、懐かしき思い出と、
日本では知られていなかった、フランスのアニメ・マンガ事情とは!?
 


★日仏マンガコーディネーター・鵜野孝紀によるコラム&解説付き!
フランスでアニメが普及した理由とは?/日本アニメが女性コミック作家の進出を促す!/超盛ん!コミケの実態/『キャプテン翼』のタイトルは『オリーブとトム』!?/『北斗の拳』が学園モノに?/フランスでも国民的作品となった『ドラゴンボール』 etc.