わたしと『花椿』

林央子

雑誌編集から見えてくる90年代

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,300円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

カートに入れる

カートに商品が追加されました。

カートを見る

閉じる

ネット書店で購入

ISBN
9784866471068
発売年月
2023年2月
版型
A5変形
ページ数
280ページ+カラー口絵8ページ
製本
並製
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

Web花椿の好評連載「90s in Hanatsubaki」に大幅加筆した、待望の書籍化。

林央子は、根っこから育てる庭師であり、世界の作り手たちのアーキビストだ。
――マイク・ミルズ(映画監督)



・GINZA特別編集「一生ものの、本と映画と音楽とアート」に、著者、林央子さんが登場!

・「家庭画報」(2023年7月号)にて紹介されました!
&Premium (アンド プレミアム)2023年7月号「あの歳に出合った、大切な映画と本。」に、著者、林央子さんが登場!
リアルサウンドブックにて著者、林央子さんのインタヴューが掲載! イワモトエミさんによるインタヴュー記事です。
・「装苑」(2023年5月号)にて紹介されました!
・「文春オンライン」にて著者、林央子さんのインタヴューが掲載されました。
・「フィガロジャポン」6月号に書評が掲載されました。評者は元『ヴォーグ ジャパン』編集長の渡辺三津子さんです。
・「& Premium (アンド プレミアム)」6月号の岡本仁さんの人気連載「果てしない本の話」にて紹介されました!
・「
週刊文春」(4月13日号)「著者は語る」に、林央子さんインタヴュー掲載!
・「Harper's BAZAAR」5月号にて紹介されました! 綿貫あかねさんによる紹介です。
・「週刊朝日」(2023年4月7日増大号)にて、平松洋子さんによる書評が掲載されました!
・「The Fashion Post」にて紹介されました!
・「CINRA」にて紹介されました!


ファッションやカルチャー、そして美意識などの価値観が大きく変わった90年代に、
カルチャー発信の現場で何が起こったのかを、
「花椿」の編集を通じて、時代と向き合ってきた著者が語る。

企業文化PR誌の先駆け、資生堂『花椿』の編集部を語った、はじめての本。

1988年資生堂に入社以来、2001年に退社するまで、『花椿』編集室に所属した林央子が、当時の名物編集長・平山景子氏やアートディレクターの仲條正義氏から編集のいろはを学んでいく過程や、国内外のクリエイターと交遊を深めた舞台裏と、そこから現代に通じるアートやファッションの紹介者として世界をリードするまでを綴る。

わかりやすさが要求される世界に対抗し、複雑さをとどめたまま、
情報を伝えていくことができるのは「雑誌」だった。
世界でも類を見ない企業文化誌に所属した著者が語る、新しい意識を伝えるための「編集」。
『花椿』は、いつの時代も女性の声というものを重視していた媒体だった。

<目次>
プロローグ 日本の女性のための雑誌をつくる
1 自由への編集――『Purple』編集長エレン・フライスとの出会い
2 エレン・フライスとつくったシティ・ガイド
3 誌面づくりの背後で交わされた対話
4 あたらしい価値観――『CUTiE』が台頭した90年代
5 ヒロミックスと重ねた『花椿』の誌面づくり
6「リアル」が問われた時代にあらわれた、ジャパニーズ・ビューティー
7 都築響一さんの編集姿勢―― 誰も伝えないなら、自分が伝える場をつくろう
8 アルフレッドさんのスパイシーなニッポン談義
9 ガーリーカルチャーからスーザン・チャンチオロに出会う
10 自分が本当にやりたかった企画―― アメリカの若者文化をとりあげる
11 マイク・ミルズとその周囲に見つけたアートシーン
12 人への興味から企画が生まれる
13『拡張するファッション』の刊行、展覧会のキュレーション、そして、美術史を学ぶ―― ロンドン留学ノート
14 編集者から研究者へ―― ロンドン留学の意外なところで『花椿』と出会う
15 マーク・ボスウィックとワークショップ―― 非日常を日常へ転回する
16 新しさを希求する探究心がひらく雑誌
17 企業がファッションの力を借りる―― ファッションへの信頼
18 パリコレと私
19 刺激を受けた写真家たち
20 マルタン・マルジェラと『花椿』
21 物質文化を超えて。時代の変化のきざしを、ファッションから見つける
22 ルールに小さな「no」を重ねていくことが、私の編集
23 異文化で生きる女性たち―― ブレスとの出会いを通じて
あとがき 表紙制作や撮影の現場を振り返って

ブックデザイン:小池アイ子