エレベーター・ミュージック・イン・ジャパン

日本のBGMの歴史

田中雄ニ

  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,200円(本体価格/税別)

※ 5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

商品詳細情報

世界一の音楽消費国と言われるまでになった、
日本のBGMの歴史を総括!





レコード・コレクターズ」(2018年8月号)にて書評が掲載されました!評者は安田謙一さんです。
レコード・コレクターズ」(2018年7月号)の「レターズ」にて平山元さんが投稿した“BGMに絆されて”が
大きく掲載されています。
CDジャーナル」(2018年7月号)にて紹介されました!
intoxicate」(2018年6月号)にて書評が掲載されました。評者は板谷祐輝さんです。
朝日新聞(2018.6.16)読書面にて書評が掲載されました。評者は椹木野衣さんです。
日本経済新聞(2018.6.7夕刊)「目利きが選ぶ3冊」にて、評論家・速水健朗さんがあげてくださいました。
SPA!」(2018年6/12・19合併号)にて書評が掲載されました。評者は辻本力さんです。
Discover Japan」(2018年7月号)にて紹介されました。
ミュージック・マガジン」(2018年6月号)に書評が掲載されました!評者は松山晋也さんです。
月刊ミュージシャン」(2018年5月号)にて紹介されました!


名著『電子音楽 in Japan』の著者による、入魂のジャパニーズBGM史!

海外で生まれたBGMビジネスが、
日本にどのように持ち込まれ普及していったのか――。
その歴史をビジネス界のトレンド、ハードウエア史、著作権の変遷など、
さまざまな視点を絡めながら、今日に至るヒストリーを振り返る。


BGMとは?
バックグラウンド・ミュージックの略称。アメリカにおいて「ミューザック」、「エレベーター・ミュージック」と呼ばれていた公共空間への音楽配信サービスを、東洋音楽放送がこう名付けてセールスしたことから日本で定着。アメリカでは使われないが、ヨーロッパは日本と同じBGMで通じる。


アスリートたちが愛聴している定番BGMリスト、
SNS等で話題の西友ストアのBGMについて、
さらに、日本初のBGM年表も掲載!



装画: 奥村靫正

帯コメント: 直枝政広(カーネーション)

デザイン: 高橋力(m.b.ll.c)



A5 / 216ページ / 並製
2018年4月発売
2刷