「レコード・コレクターズ」5月号にて、『フィメール・コンプレックス』の書評が掲載されました!評者は宮子和眞さんです。

  • DU BOOKS
  • 2015.04.20

    「男性社会の音楽ビジネスの中にあって、その人らしさを感じさせながら活動を行なっていった女性アーティスト。中でも著者の思い入れの強いインディ・ポップ系のアーティスト。彼女たちの生い立ちを語ることが今の著者が形作られる道のりを語ることに繋がる、そういうことだと読める。」

    レコード・コレクターズ
    http://musicmagazine.jp/rc/

    一覧へ戻る