岩波書店のWEBマガジン「たねをまく」の若林恵さんの特別寄稿エッセイで、『耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック』が紹介されました!

「ちがった正解 ワールド・スタンダード「Music For Ringing」について」と題されたエッセイです。
 

「鈴木さんがこの音楽をつくるなかで見出した特殊なフォーミュラは、なにも特殊なフォーミュラとしてだけ留められるばかりのものではない。来るべきレコーデッドミュージックのスタンダードにだってなりうるかもしれない。耳鳴りのする音楽家の耳に優しい音楽は、なぜだろう、耳鳴りのしていない自分の耳にもとても優しく届いた。」
 

WEBマガジン「たねをまく」※下記リンクから全文がご覧いただけます。
https://tanemaki.iwanami.co.jp/posts/1148
 

なお、8月29日には、若林恵さんと著者による下記イベントも予定されています。ぜひご参加ください。
 

「音楽家と耳鳴り。そして、癒しの音楽」
日時|8月29日 水曜日
19:00開場 19:30~21:30(終了予定)
会場|TOT STUDIO
渋谷区千駄ヶ谷3-62-1 THINK OF THINGS 2F
(JR原宿駅竹下口から徒歩3分)
チケット|1,500円(定員:50名)
出演|鈴木惣一朗、若林恵 

 
チケットのお申込みはこちら
https://miminari.peatix.com/

一覧へ戻る