7/27(金)『小西康陽責任編集・大映映画スチール写真集』(DU BOOKS)刊行記念トークイベント開催決定!

「小西康陽責任編集・大映映画スチール写真集
『いま見ているのが夢なら止めろ、止めて写真に撮れ。』」(DU BOOKS)刊行記念トークイベント
小西康陽(音楽家)×遠藤倫子(音楽家・映画愛好家)×のむみち(「名画座かんぺ」発行人)
 

映画愛好家3人が「大映」を振出しに旧作映画と名画座の魅力を語る!
 

“世界でいちばんヒップで美しい”、映画のスチール写真集の刊行を記念して、
名画座&旧作邦画を愛する3名が集結。
本書の監修者でもあり、年間500本以上の映画を鑑賞する、音楽家・小西康陽さん、
「名画座かんぺ」発行人の、のむみちさん、
  映画愛好家の遠藤倫子さんによる、スペシャルなイベントです。
 

“一枚の映画” ともいうべきスチール写真の話をマクラに、旧作日本映画の魅力をとことん語っていただきます。
生粋の映画好きはもちろん、これから名画座に通ってみたいと思っているあなたも、
ぜひお気軽にご参加ください。
 

日時:2018年7月27日(金)
会場:ブックファースト新宿店
開場:19:00(開演:19:30)※21:30イベント終了予定
入場料:1,000円
定員:50名
※本書ご購入の方には、トーク終了後、サイン会も予定しております。
 

チケットの発売日など、詳細は決定次第、
ブックファーストHP(http://www.book1st.net/event_fair/event/)に掲載いたします。
 

■小西康陽(こにし・やすはる)
音楽家。DJ。1985年にピチカート・ファイヴのメンバーとしてデビュー。
解散後のソロ作品はピチカート・ワン、の名義で『11のとても悲しい歌』『わたくしの二十世紀』。
著書に『これは恋ではない』『東京の合唱』『ぼくは散歩と雑学が好きだった』『マーシャル・マクルーハン広告代理店』常盤響との共著『いつもレコードのことばかり考えている人のために』片岡義男との共著『僕らのヒットパレード』。都内の名画座で古い日本映画を観るのが趣味。
 

■遠藤倫子(えんどう・みちこ)
音楽家・映画愛好家。バンド活動歴はcitrus→IKEBANA。名画座にも通っております。
 

■のむみち
南池袋の古書店「古書往来座」店員、「名画座かんぺ」発行人、『名画座手帳』の企画/監修。
構成を担当した『銀幕に愛をこめて ぼくはゴジラの同期生』(宝田明・著/筑摩書房)が刊行されたばかりです。

一覧へ戻る