9/14(金)下北沢B&Bにて、吉本浩二×鈴木惣一朗『耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック』刊行記念トークイベント開催決定!

聴覚障害について取材した力作『淋しいのはアンタだけじゃない』(小学館)などの話題作で知られる漫画家、吉本浩二さんと、耳鳴りを発症し、静けさを失った自分を実験台に、耳にやさしい音楽という画期的な作品『耳鳴りに悩んだ音楽家がつくったCDブック』をつくりあげたワールドスタンダードの鈴木惣一朗さん。

 

実際に耳鳴りを発症した当事者である鈴木惣一朗さんと、日本福祉大学のご出身でもあり、執筆にあたり多くの患者さんや医療関係者にも取材された吉本浩二さんによる、「耳鳴り」をテーマにした、貴重なトークイベントです。

 

テーマは多岐にわたりますが、病や心(心療)といった、漫画や音楽、小説など、アート表現としても扱いにくいテーマを選ばれたおふたりが、自身の取材や作品を通じての、創作上の工夫や制作の裏側についても語ります。

 

お気軽にご参加ください。

 

日時:2018年9月14日(金) 20:00~22:00 (19:30開場)
 

場所:本屋B&B(下北沢) 東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
 

入場料:前売1,500yen + 1 drink / 当日2,000yen + 1 drink

 

    

 

【出演者プロフィール】

鈴木惣一朗(すずき・そういちろう)

1959年、浜松生まれ。音楽家。83年に「ワールドスタンダード」 を結成。細野晴臣プロデュースでノン・スタンダード・レーベルよりデビュー。デヴィッド・バーンやヴァン・ダイク・パークスからも絶賛される。これまでも、星野源、 蔡忠浩など も参加したビートルズのカバー集「りんごの子守唄」シリーズなど、眠りのアルバムも手がけてきた。近年では、南壽あさ子、ハナレグミ、中納良恵、湯川潮音など多くのアーティストをプロデュース。執筆活動や書籍も多数。『細野晴臣 録音術』(DU BOOKS)、 細野晴臣との共著に『とまっていた時計がまたうごきはじめた』(平凡社)などがある。

 

吉本浩二(よしもと・こうじ)

富山県出身。『ブラック・ジャック創作秘話』(秋田書店)は「このマンガがすごい! 2012」オトコ編で1位を獲得。代表作に『淋しいのはアンタだけじゃない』(小学館)、『さんてつ‐三陸鉄道 大震災の記録‐』(新潮社) 『ルーザーズ~日本初の週刊青年漫画誌の誕生』(双葉社)など。

 

※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

http://bookandbeer.com/event/20180914/

一覧へ戻る