7/5(金)19:00~ 中村のん×宮沢章夫『70s原宿 原風景』 出版記念トークショー&サイン会が銀座 蔦屋書店にて開催決定!

  • DU BOOKS
  • 2019.06.19

    「ファッションの街、原宿が誕生した時代、70年代とサブカルチャー」
     

    場所:銀座 蔦屋書店
    日時:2019年7月5日(金)19:00~21:00
    参加条件:銀座 蔦屋書店にて『70s原宿 原風景』(DU BOOKS)をご購入の方。すでに本書を購入済みの方は、参加チケット1,000円(税込)をご購入ください。
     

    70年代のサブカルチャーは原宿からも誕生していた!
    話題の新刊『70s原宿 原風景』にて、「新宿」と比べて、これまで語られる機会があまりなかった
    「70年代の原宿文化」に光をあてた中村のんさんと、
    『東京大学『80年代地下文化論」講義』『ニッポン戦後サブカルチャー史』などの著作で、
    若者文化、サブカルチャーについて語ってきた宮沢章夫さんが、
    70年代をテーマに語る、貴重なトークイベントです!

     

    中村のん
    1956年東京生まれ。スタイリスト・エッセイスト。1970年、14歳で原宿デビュー。17歳からレオンの常連となり、桑沢デザイン研究所在学中から「表参道のヤッコさん」ことスタイリストの草分け的存在、高橋靖子に師事。原宿で多くの友達と出会い、原宿で一人暮らしを始め、1979年に原宿「シネマクラブ」で結婚パーティを行った。
    広告、CMをメインにフリーのスタイリストとして活動する傍ら、2014年、2015年には、写真展&トークイベント「70's 原風景原宿」を主催し、話題となる。2019年より杉野服飾大学に新たに設立された服飾表現学科の特任教授として教育活動も始動。著書に『社長、その服装では説得力ゼロです』(新潮新書)、写真集『70' HARAJUKU』(小学館)など。
     

    宮沢章夫
    1956年静岡県生まれ。劇作家・演出家・作家・早稲田大学文学学術院教授。80年代半ば、竹中直人、いとうせいこうらとともに「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を開始。その作・演出をすべて手がける。90年、演劇ユニット「遊園地再生事業団」を結成し、1993年戯曲『ヒネミ』(白水社)で岸田國士戯曲賞を受賞。2010年『時間のかかる読書』(河出文庫)で伊藤整文学賞(評論部門)を受賞。教育活動にも熱心で、京都造形芸術大学、早稲田大学、東京大学などで授業やワークショップを行なう。2016年4月から、早稲田大学文学学術院文化構想学部教授。その他、活動は多岐にわたる。
     

    詳しくはこちら
    https://store.tsite.jp/ginza/event/art/7394-1342130612.html

    一覧へ戻る