Real Sound「リアルサウンド ブック」にて、DU BOOKS編集長が語る、独自の音楽書作り<”濃すぎる”音楽書を作り続ける理由。>が掲載されました!

  • DU BOOKS
  • 2019.10.04

    「まだ活字になっていないものを本にするという意識はあります。例えば、アーティストのインタビューは新譜が出るたびに様々な媒体に掲載されますが、その新譜を制作した裏側の人ーー例えば編曲家やエンジニアの言葉は残っていないことが多い。」


    Real Sound「リアルサウンド ブック」
    https://realsound.jp/book/2019/10/post-424935.html

    一覧へ戻る