Chairman Of The Board + 3 Bonus Tracks (LP / 180g)

COUNT BASIE カウント・ベイシー

御大ベイシー絶頂期の名盤がボーナストラック・重量盤・新ジャケでリイシュー!

  • レコード
  • 新品在庫取寄せ
  • (2週間~1ヶ月後に発送)

2,530円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
MATCHBALL RECORDS
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
29021
通販番号
1007932731
発売日
2019年07月09日
EAN
8436569194041
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※LP / 180g

1957年にRouletteへ移籍後、「The Atomic Mr. Basie」「Basie Plays Hefti」とN・ヘフティの作編曲作品を連発、乗りに乗っていた御大ベイシーが、アレンジをバンドの番頭格であるサド・ジョーンズ(tp)、フランク・フォスター(ts)、フランク・ウェス(as,ts,fl)らに依頼し、ブルース的伝統回帰と現代的アレンジの融合をはかったのが、本作品。明るく弾ける印象のヘフティ作品と比べ、より重厚で濃密なこのスイング感こそ、ベイシーの本領といえるかもしれません。

この名盤が、ボーナストラック(A6,B6,B7)付き・アナログ重量盤・新ジャケで再発ということで、往年のビッグバンド・ファンにはたまらない一枚となっています。
 

■メンバー:Count Basie And His Orchestra
A1-A2: Thad Jones, John Anderson, Wendell Culley, Joe Newman (tp),Henry Coker, Al Grey, Benny Powell (tb)
Marshall Royal (cl, as), Frank Wess (as, ts, fl), Billy Mitchell, Frank Foster (ts), Charlie Fowlkes (bar)
Count Basie (p), Freddie Green (g), Eddie Jones (b),Sonny Payne (d).
Chicago, March 4, 1958.

A6, B2 & B4: Same personnel as A1-A2. New York, April 28, 1958.
A4 & B5-B6: Same personnel as A1-A2. New York, April 29, 1958.
A3, A5, B1, B3 & B7: Same personnel as A1-A2 but Snooky Young (tp) replaces John Anderson. Freddie Green plays shaker on A5. New York, December 10-12, 1958.
Original sessions produced by Teddy Reig.

ソングリスト

  • A1. Blues In Hoss' Flat 3:13
  • A2. H.R.H. (Her Royal Highness) 2:40
  • A3. Segue In C 6:15
  • A4. Kansas City Shout 3:34
  • A5. Speaking Of Sounds 3:27
  • A6. Moten Swing 4:51*
  • B1. TV Time 3:16
  • B2. Who, Me? 5:13
  • B3. The Deacon 4:50
  • B4. Half Moon Street 3:25
  • B5. Mutt & Jeff 3:39
  • B6. Fair And Warmer 3:35*
  • B7. Imagination 3:02*