• レコード
  • 売切
  • (注文不可)

2,970円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
ANTI
国(Country)
EU
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
1409276591
通販番号
DIN190405-013
発売日
2019年05月03日
EAN
8714092765915
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ネオ・サイケデリアやペイズリー・アンダーグラウンド・ミュージック・シーンを代表するアーティストとして評価を集めていたオルタナティヴ・ロック・バンド、DREAM SYNDICATEが現代社会を反映させた通算6作目のスタジオ・アルバム『THESE TIMES』をリリース!

アメリカン・アンダーグラインド・ロック・シーンの魂と灯を受け継ぐ伝説のオルタナティヴ・ロック・バンド、ドリーム・シンジケート。彼らのキャリアは2つの時代に分けられる。第1期は、ネオ・サイケデリアやペイズリー・アンダーグラウンド・ミュージック・シーンを代表するアーティストとして評価を集めていた1982年から1988年。その活動期間に彼らは名盤『THE DAYS OF WINE AND ROSES』や『MEDICINE SHOW』を含む4枚のアルバムをリリースした。そして第2期となるのが、2012年に再結成した以降の彼ら。レーベルも新たにANTI-と契約し、2017年に前作から約29年振り(!)となる通算5作目のスタジオ・アルバム『HOW DID I FIND MYSELF HERE?』をリリースした。

「前作では、(自分たちの過去と現在を)うまい具合に縫い合わせることが出来たと思う」そう語るのは、オリジナル・メンバーであり、バンドのシンガー/ギタリスト/ソングライターであるスティーヴ・ウィン。「自分たちが何者なのか、元々何をやってきたのかを見せながら、新鮮で新たな試みも行っていた。(新旧の)バランスを取るのもなかなかタフなんだ。過去を顧みなければ、利便性の為にだけ昔の名前を使っているように思われるし、昔に浸りすぎても、自分のパロディをやっているように見えてしまう――ラトルズの自分版をやっているような感じさ。俺たちは、そのどちらにも陥らないようにした。俺たちは前作を誇りに思っているし、昔からのファンも新しくファンになった人たちも、同じように感じてくれていたのも嬉しかった。ライヴでも新曲を多めに演奏することができたけど、観客が新しい曲を知っていて、それを聴きに来てくれているってことが分かったのは、気分が良かったね」

アルバムをリリースし、1年にも亘るツアーを行ってきたドリーム・シンジケートの新作『THESE TIMES』。前作と同じように、ヴァージニア州リッチモンドのモントローズ・スタジオでレコーディングされた本作をバンドと共に共同プロデュースしたのは、PhosphorescentやHold Steady、Dinasor Jr.やスティーヴ・ウィンの作品を手掛けてきたジョン・アグネロ。「ほとんどの曲はこの1年の間に作られたものだったから、すごく新鮮に感じた」スティーヴ・ウィンはそう語る。「前作と同じように、歌詞は曲のレコーディングが終わってから書いた。言葉をサウンドに合わせるようにね」この制作過程が、アルバムのタイトルにも反映されているという。

その一方で、スティーヴ・ウィンはソングライティングについて以下のようにも語っている。
「ニュー・アルバムの曲を作っている時、J-Dillaの”Donuts"にかなりハマっていたんだ。DJとして、レコード・マニアとして、そして音楽ファンとして、自分の大好きな音楽を全部並べて、自分のモノが出来るまであれこれこねくり回す、そんな彼のアルバム作りのアプローチが好きだった。今作で俺は、ステップ・シーケンサーやドラム・マシーン、ループなどをいじりながら、いつもの自分のやり方ではない方法を色々と試した。まるで自分が”同じような曲”ではなく、コンピレーションを作るかのようにね。普通はドリーム・シンジケートとJ-Dillaを同じくくりには入れないと思うけど、自分たちの新作を聴けば、彼の作品を感じることが出来ると思う
『THESE TIMES』、以上。俺たちが語っていることについて、そして俺たちが考えていることについての作品だ。どこかへ飛んでいきそうな勢いで、急激に変化し、日々その方向性を変えている世界で、存在の危機を回避することは難しい。自分たちが考えずにはいられない物事を取り上げないのは、虚偽だと思う――全世界が間違いなく見ているのだとね。歌詞には、恐れや、パニック、偏執、憶測、憂鬱、そしてそれらに続くであろう自暴自棄などが反映されている。今現在の俺たち、俺たちのいる場所を描いているのさ」
 
ドリーム・シンジケートは確かに、長い歴史を持ち、語り継がれてきたグループである。しかし彼は今現在、どこにいるのだろうか?彼らは、ここにいる。この場所に。現在この時代にいるのだ。

ソングリスト

  • A1. The Way In
  • A2. Put Some Miles On [https://youtu.be/hQuBBJpXaiM]
  • A3. Black Light [https://youtu.be/wGaXfuTWx4k]
  • A4. Bullet Holes
  • A5. Still Here Now
  • B1. Speedway
  • B2. Recovery Mode
  • B3. The Whole World's Watching
  • B4. Space Age
  • B5. Treading Water Underneath The Stars