To Love and Be Loved

HAROLD MABERN ハロルド・メイバーン

超ベテランピアニストのSmokeSessionsでの第3作が登場♪

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

2,310円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
  • 試聴可能
レーベル
SMOKE SESSIONS RECORDS
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
SSR1706
通販番号
XAT-1245675400
発売日
2017年08月25日
EAN
0888295593328
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※デジパック
超ベテラン, ハロルド・メイバーンSmokeSessionsでの第3作
エリック・アレキサンダーをフィーチャーしたワンホーン
頭角を現す屈指のトランペッターF.ヘンドリックスを迎えたクインテット
現代屈指の主流派演奏!

2017年4月17日 ニューヨークSear Soundにて録音

メンバー:Eric Alexander(ts), Harold Mabern(p), Nat Reeves(b),
Jimmy Cobb(ds), Freddie Hendrix(tp 3,4,7), Cyro Baptista(perc 1)

★1936年生まれ、81歳となった超ベテラン・ピアニスト、ハロルド・メイバーンの最新作!
★NYを代表するクラブ、SmokeのSmoke Sessions Recordsから本作で3作目、2年振りの作品。前作『Afro Blue』は、ノラ・ジョーンズ、ジェーン・モンハイト、またグレゴリー・ポーター、カート・エリングといった当代の実力派人気ヴォーカリストをフィーチャーし、歌伴の魅力をたっぷり聴かせてくれましたが、本作は、カルテットを基本としたハード・バップを聴かせてくれています。
★ドラマーには、メイバーンのさらに先輩格となる88歳のジミー・コブ、そして、ナット・リーブスという強靭なスウィング感をつくりだすリズム・セクション。フロントには、メイバーンをメンターと仰ぎ、キャリアを重ねてきたエリック・アレキサンダー。今の時代、様々な作品に参加するエリック・アレキサンダーながら、このレーベルのこのメンバーで、ワン・ホーンの作品を聴けるだけでも大きな話題といえます。
★しかし、同時に注目したいのが、3曲に参加するフレディ・ヘンドリックスの存在でもあります。リーダー作こそ決して多くなく、現在40歳。やや遅れ咲きとも感じますが、時代を遡ればマルグリュー・ミラーのバンドへの参加あり、ヴァンガード・オーケストラ、クリスチャン・マクブライドやロイ・ハーグローヴのビッグバンドへの参加あり、日夜数々のギグに参加する存在。
昨年2016年に発表したリーダー作『Jersey Cat』(Sunnyside)及び、クリスチャン・マクブライドが音楽監督に就任したMack Avenue All Starsに抜擢されてのソロも鮮烈で、日本のファンにも記憶に残ったといえましょう。そのヘンドリックスが、ここでも、華のある演奏を聴かせてくれているのです。しかも、演奏するのはリー・モーガン及び、マイルスの名曲!さすが、メイバーンの弟子筋。その演奏には、エリック・アレキサンダーを熱くさせるインパクトもあります。
★スタンダード・ナンバーの数々、自らのオリジナルM6で快調なソロを聴かせるエリック・アレキサンダーのワン・ホーンの美学あふれる演奏と、フレディ・ヘンドリックスを迎えての火花を散らすような鋭角的な演奏2つの味がある一作。シロ・バティスタが参加しているという意外性も含めつつ、現代の主流派の良さを感じさせる秀作です!!

(メーカーインフォより)

ソングリスト

  • 1. To Love and Be Loved (Jimmy Van Heusen / Sammy Cahn)
  • 2. If There Is Someone Lovelier Than You (Arthur Schwartz / Howard Dietz)
  • 3. The Gigolo (Lee Morgan)
  • 4. Inner Glimpse (McCoy Tyner)
  • 5. My Funny Valentine (Richard Rodgers / Lorenz Hart)
  • 6. The Iron Man (Eric Alexander)
  • 7. So What (Miles Davis)
  • 8. I Get a Kick Out of You (Cole Porter)
  • 9. Dat Dere (solo piano) (Bobby Timmons)
  • 10. Hittin’ the Jug (Gene Ammons)