予約♪ 伝説的UKロック・バンド、THE SMITHSの元フロントマンMORRISSEYがカヴァー・アルバム『CALIFORNIA SON』をリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • ニュース
  • 2019.04.04

    • LINE

    • メール

    MORRISSEY『CALIFORNIA SON』

    これが孤高のカリスマの愛歌集――。 UKの伝説的ロック・バンド、THE SMITHSの元フロントマンMORRISSEYの最新アルバムは、自身がこよなく愛する60年代、70年代の楽曲を、GREEN DAYのBILLIE JOEGRIZZLY BEARのEDWARD DROSTEなどのゲストを迎えてカヴァーした『CALIFORNIA SON』をリリース!


    現代英国のアイコンで影響力のある、一筋縄ではいかない、インスピレーションを想起する、独創性に富んだ、先鋭的で扇動的、 崇拝を集める、歯に衣を着せない、ロマンチスト――モリッシーというアーティストは一つの言葉では到底言い表すことが出来ない。NMEが「史上最も影響力のあるバンド」と評したザ・スミスのヴォーカルにして詩人である彼は、英国音楽シーンのカリスマとして、圧倒的存在感を誇っている。

    そのモリッシーが新たなスタジオ・アルバムのリリースを発表した。本人のポートレイトをフィーチャーした眩いばかりのアルバム・カバーが目を惹くこのアルバムのタイトルは『CALIFORNIA SON』。モリッシーがこよなく愛する60年代、70年代の楽曲をカヴァーした作品だ。
    アルバムに収録されているカヴァー曲のレパートリーは、ジョニ・ミッチェルの「Don't Interrupt The Sorrow」からローラ・ニーロの「Wedding Bell Blues」、ボブ・ディランの「Only A Pawn In The Game」、フィル・オークスの「Days Of Decision」やメラニーの「Some Say I Got Devil」など実にヴァラエティー豊か。アコースティック・ナンバーが多いところや、約半分弱が女性アーティストの楽曲であることも注目したいポイントだろう。
    アルバムからのリード・トラックとなるのは、ロイ・オービソンの「It's Over」。モリッシーのメランコリックなヴォーカルは、オリジナルの曲調と見事にマッチ。Billboard.comによると、ロイ・オービソンの息子、ロイ・オービソンJrもモリッシーのヴァージョンを“父を思い出す”と高く評価しているという。またこの曲には、シンガーソングライターのLPが、特徴的なヴォーカルで彩りを添えている。
    「It's Over」以外にも、多数のゲストが本作に参加している。シングルとしてリリースされたローラ・ニーロの「Wedding Bell Blues」には、グリーン・デイのビリー・ジョー・アームストロングと、ザ・リグレッツのリディア・ナイト。ジョブライアスの「Morning Starship」には、グリズリー・ベアのエドワード・ドロストがフィーチャーされている他、ブロークン・ソーシャル・シーンのアリエル・エングル、ヤング・ザ・ジャイアントのサミーア・ガーディア、ぺトラ・ヘイデンなどがクレジットに名前を連ねている。

     先日15年振りのカナダ・ツアーを行うことを発表したり、モリッシーの若き日を描いた青春音楽映画『ENGLAND IS MINE』の日本公開も5月に決まるなど、話題が尽きることが無いモリッシー。現代世界を見詰め、一人で闘いを挑み続けている英国音楽シーンの孤高のカリスマの愛歌集――それが本作『CALIFORNIA SON』なのだ。

    • 前の記事へ

      到着♪UKマンチェスターのエレクトロニック・ロック・バンド、NEW ORDERのデビュー・アルバム『MOVEMENT』がDEFINITIVE EDITIONとしてボックス・セットでリイシュー!未発表音源も収録!合わせて初期12インチ4枚もリイシュー!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.04.05

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪スウェーデンのオルタナティヴ・ロック・バンド、THE WANNADIESのアルバムが限定カラーLPでリイシュー!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.04.04

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース