到着♪4月スタートTVアニメ「キャロル&チューズデイ」のNulbarichによるOP曲とBenny SingsによるED曲が限定12インチ・アナログ盤とCDでリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • ニュース
  • 2019.05.29

    • LINE

    • メール

    キャロル&チューズデイ(Nai Br.XX & Celeina Ann) 『KISS ME / HOLD ME NOW』

    劇伴をSSWのMOCKYが手掛け、劇中で使用される楽曲提供にFlying Lotus、Thundercat、Benny Sings、Eirik Glambek Bøe (Kings of Convenience)、Tim Rice-Oxley (Keane)、Nulbarich、津野米咲(赤い公園)、Cero、D.A.N.、Maika Loubté、 Taylor McFerrinなど錚々たる顔ぶれが並んでいることでも話題となっている、総監督:渡辺信一郎(『カウボーイビバップ』『サムライチャンプルー『スペース☆ダンディなど)によるボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品「キャロル&チューズデイ」。

    いよいよNulbarichによるOP曲
    「Kiss Me」とBenny SingsによるED曲「Hold Me Npw」が限定12インチ・アナログ盤とCDでリリース!

    ■2019年4月10日~9月(2クール)放送
    ■フジテレビ「+Ultra」(フジテレビ・関西テレビ・東海テレビ・テレビ西日本・北海道文化放送・,BSフジ)
    ■NETFLIXにて2019年4月10日より配信開始
    ■原作:BONES・渡辺信一郎
    ■総監督:渡辺信一郎

    ■ 監督:堀 元宣
    ■キャラクター原案:窪之内英策
    キャラクターデザイン:斎藤恒徳
    ■音楽:Mocky
    ■音楽制作:フライングドッグ
    アニメーション制作:ボンズ
    ■キャスト
    キャロル:島袋美由利/チューズデイ:市ノ瀬加那/アンジェラ:上坂すみれ/,ガス:大塚明夫/タオ:神谷浩史/ロディ:入野自由/アーティガン:宮野真守

    人類が新たなフロンティア、火星に移り住んでから50年になろうという時代。多くのカルチャーはAIによって作られ、人はそれを享楽する側となった時代。
    ひとりの女の子がいた。
    首都、アルバシティでタフに生き抜く彼女は、働きながらミュージシャンを目指していた。いつも、何かが足りないと感じていた。彼女の名前はキャロル。
    ひとりの女の子がいた。
    地方都市、ハーシェルシティの裕福な家に生まれ、ミュージシャンになりたいと思っていたが、誰にも理解されずにいた。世界でいちばん孤独だと思っていた。彼女の名前はチューズデイ。
    ふたりは、偶然出会った。歌わずにいられなかった。音を出さずにいられなかった。
    ふたりなら、それができる気がした。
    ふたりは、こんな時代にほんのささやかな波風を立てるだろう。
    そしてそれは、いつしか大きな波へと変わっていく―










    • 前の記事へ

      予約♪アイルランドのエレクトロ・ポップ/インディ・ロック・バンド、Two Door Cinema Clubが4thアルバム『False Alarm』をリリース!SUMMER SONIC 2019にも出演!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.05.29

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪NIRVANA、PEARL JAMと並ぶ90年代グランジ/オルタナティヴ・ムーヴメントの雄、SOUNDGARDENの伝説的スペシャル・ライヴの音源と映像が遂にリリース!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.05.28

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース