予約♪ Nilufer Yanya(ニルファー・ヤンヤ) / My Method Actor UK新世代 ニルファー・ヤンヤが最新アルバムを〈Ninja Tune〉からリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 予約ニュース

2024.06.12

  • LINE

  • メール

アデル、The xx、ミツキといった大物アーティストとの共演や、サンファ、キング・クルールといったアーティストにもリミックスされアーティストはもちろんメディアもこぞって絶賛するUK新世代の才媛シンガーソングライター、ニルファー・ヤンヤ(Nilufer Yanya)が〈Ninja Tune〉へ移籍を果たし最新アルバム『My Method Actor』をリリースする。

本作『My Method Actor』の制作中、ニルファーはクリエイティブ・パートナーであるプロデューサー/マルチ奏者のウィルマ・アーチャー(スーダン・アーカイブス/MFドゥーム/セレステ)とスタジオに入った。
彼女はセカンド・アルバム『PAINLESS』に伴うツアーを1年間経験する中で、作品やレコード会社、プライベートなどで過渡期を迎えていた。まさにそれは『My Method Actor』において、人生のある部分から別の部分への移動というアイデアを多く扱っている。
本アルバムの種は2023年初めに蒔かれたが、芽が出始めたのはその年の春だった。曲が出来始めると、ヤンヤとアーチャーは世間から身を隠した。「このアルバムは、その点で最も強烈なアルバム」とヤンヤは言う。

彼らはロンドン、ウェールズ、イーストボーンにまたがる小さなセッションで作曲とレコーディングを行った。このレコードの雰囲気には、創造的なエネルギーの繭のようなものを感じることができる。親密さを感じさせながら、映画のような広がりで全体を包み込み、最終的に彼らが作り上げた小さな世界にあなたを招き入れ、その秘密を提供している。

20代後半を迎え、確立されたミュージシャンとしてのアイデンティティと向き合う彼女にとって、楽曲制作は自身の変化や周囲の変化を理解するための重要なツールとなっている。「私にとって、創作は問題解決の一種なの。夢を見るような感覚で、何かがカチッとハマる。それがなぜなのかは説明できないけれど、創造的な脳の奥底から湧き出てくるアイデアなの」。彼女の歌詞は、具体的でありながらも夢のような雰囲気を漂わせ、意味を探求するような奥深さを持つ。時には、まるで過去の自分自身を解き明かそうとしているかのように、楽曲を分析することもある。ヤンヤの楽曲制作は、直感と内省に導かれ、自己発見の旅路を辿っていると言えるだろう。

最新ニュース