予約♪巨匠ダリオ・アルジェント監督の傑作ホラー『SUSPIRIA』を、『CALL ME BY YOUR NAME(邦題:君の名前で僕を呼んで)』で注目を集めるルカ・グァダニーノ監督がリメイク、RADIOHEADのトム・ヨークが音楽を担当!『SUSPIRIA (MUSIC FOR THE LUCA GUADAGNINO FILM) 』をリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 予約ニュース
  • 2018.09.05

    2018.09.05


    2014年の『Tomorrow's Modern Boxes』以来、約4年ぶりとなるトム・ヨークのソロ最新作は、巨匠ダリオ・アルジェント監督の傑作ホラー映画『サスペリア (原題)』を『君の名前で僕を呼んで』などで注目を集めるルカ・グァダニーノ監督がリメイクするとのことで、公開前からすでに大きな話題となっている映画のサウンドトラック。
    トム・ヨークが書き下ろした25もの楽曲を収録した本作には、インストゥルメンタル曲のみならず、「Unmade」「Has Ended」、そして今回1stシングルとして公開された「Suspirium」といったトム・ヨークのヴォーカルがフィーチャーされた楽曲も含まれる。
    ホラー映画のための音楽制作は、トムに新たな挑戦と機会をもたらし、『サスペリア』は彼の今までのどのような作品とも一線を画すものになった。 ピアノ/ヴォーカルのバラード、1977年のベルリンという映画の設定にインスピレーションを受けたクラウトロック風なモジュラーシンセ曲、多層からなるヴォーカル、 そして、恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが合わさり、混沌的かつまとまりのある音楽の呪文が生まれている。
    本作ではトム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースは、トム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行った。さらにアルバムには、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊がフィーチャーされている。またトムの息子であるノア・ヨークが「Has Ended」と「Volk」でドラムを、パーシャ・マンスロブが「Suspirium」でソロフルートを演奏している。
    国内盤CDは数量限定でオリジナルTシャツとのセット販売も決定!




    • 前の記事へ

      予約♪80年代UKインディ・ロック~ネオアコ/ギターポップの人気バンド、FELTのCreation Records期5作品がLPとCD+7"BOX SETでリイシュー!

      ROCK / POPS / INDIE

      2018.09.11

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      予約♪エクスペリメンタル・ヒップホップ・グループ、DEATH GRIPSが2年ぶりとなるアルバム『YEAR OF THE SNITCH 』をリリース!

      ROCK / POPS / INDIE

      2018.08.30

    • 一覧へ戻る