到着♪ ヘヴィ・ミュージック/ラウド・シーンの孤高の探究者、デフトーンズ9thアルバムをリリース

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 予約ニュース

2020.09.28

  • LINE

  • メール

ヘヴィ・ミュージック/ラウド・シーンの孤高の探究者、デフトーンズが放つ9作目のアルバム!

ロサンゼルスのヘンソン・スタジオとワシントン州ウッドヴィルのトレインレック・スタジオでレコーディングされた本作のプロデュースとエンジニアを務めているのは、テリー・デイト。1995年の『ADRENALINE』、1997年の『AROUND THE FUR』、そして2000年の『WHITE PONY』、『DETONES』とバンドの初期作品を手掛けたプロデューサーだ。またピクセルアート風のインパクトあるアートワークは、『WHITE PONY』をはじめ、これまでの彼らのアルバムの多くを手掛けている、フランク・マドックスによるもの。

8月から少しずつ新作を予感させる投稿をSNSで行ってきた彼らだが、現時点で明らかにされている情報はあまりにも少ない。しかし先日公開されたアルバムからのタイトル・トラック「Ohms」が持つグルーヴとヘヴィネスに仄暗い歌詞、そして映像作家Rafatoonによるディストピア感漂うミュージック・ビデオから、アルバムが持つ世界観の一片を垣間見ることができるだろう。ちなみにKerrang!誌とのインタビューによるとこの曲は最初に出来た曲の1つであり、ギターのステファンが3年ほど前にフロントマンのチノ宛に送ってきたデモから生まれたものだという。

2020年の今年、『WHITE PONY』が発売20周年を迎え、『DIAMONDS EYES』が発売10周年を迎えた。しかしデフトーンズはノスタルジアに浸ることはない。これまでの歩みや記憶、作品を結合し、進化を続けるのだ。その結果がここにある。
  • 前の記事へ

    予約♪ インディ/オルタナの名盤の数々が限定価格1500円にて発売!!

    ROCK / POPS / INDIE

    2020.09.28

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    CD到着♪韓国エクスペリメント・ノーウェーブ・デュオ、「Wedance」の待望の新作!!

    ROCK / POPS / INDIE

    2020.09.28

  • 一覧へ戻る

最新ニュース