新入荷♪ アメリカが誇る現役最高のソングライターアレックス・Gによる最新作!!日本語帯付き仕様の限定盤もリリース決定!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース

2022.06.22

  • LINE

  • メール

フィラデルフィアを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサーのアレックス・Gことアレックス・ジアンナスコーリが、最新アルバム『God Save the Animals』を〈Domino〉よりリリース。

若くしてフランク・オーシャンのアルバム『Endless』と『Blonde』に参加したことで一気に注目を集め、ワンオートリックス・ポイント・ネヴァーとのコラボレーション楽曲「Babylon」も称賛されたアレックス・ジアンナスコーリは、「人々は訪れては去っていく/そう だが神は僕とともにあった」と、アルバム『God Save the Animals』の中で歌う。
本作では、楽曲の可能性を広げるべく、より実用的な手法としてコラボレーションを取り入れている。『God Save the Animals』には、彼のバンドメンバー(ギタリストのサミュエル・アキオン、ドラマーのトム・ケリー、ベーシストのジョン・ヘイウッド)がそれぞれ参加し、さらにこれまでも頻繁にコラボレーションしてきたモリー・ガーマーがストリングスとボーカルのどちらかまたはその両方で参加している。
10代のころから制作してきたこれまでの作品同様に、『God Save the Animals』の曲作りとデモ制作を自宅でひとりきりで行った。だが、新しいサウンドを見つける、そしてパンデミックの間「アパートの外に出かけて日課をこなす」というふたつの目的のため、彼はフィラデルフィア周辺のスタジオをいくつも訪れるようになり、結果として本作には6人ほどのエンジニアが参加しており、いずれもジアンナスコーリが「最良の」レコーディングを実現するために協力を求めた人たちだった。
そうしてできあがったアルバムは、音が多彩で細部まで手の込んだ、これまで以上にダイナミックなものとなっている。

最新ニュース