一部入荷♪世界で最も有名なヴァーチャル・バンド、ゴリラズが通算8枚目となる最新アルバムをリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース

2023.02.24

  • LINE

  • メール

 

■世界で最も有名なヴァーチャル・バンドのGorillaz(ゴリラズ)。その彼らが通算8枚目となる最新アルバム『Cracker Island / クラッカー・アイランド』を2023年2月24日(金)にリリースすることを発表した。これはは2020年の『Song Machine: Season One - Strange Timez / ソング・マシーン:シーズン1-ストレンジ・タイムズ』以来、約3年ぶりとなるスタジオ・アルバムである。


■グラミー賞の受賞を誇るプロデューサー兼ソングライターのGreg Kurstin(グレッグ・カースティン)と、Gorillazのドラマー兼プロデューサーとしても知られるRemi Kabaka Jr.(レミ・カバカ・Jr.)が本作をプロデュースしており、全10曲収録予定。今作もうなるような豪華コラボレーションが発表されている。

【コラボレーション・アーティスト一覧(順不同)】
Stevie Nicks(スティーヴィー・ニックス)、Adeleye Omotayo(アデレエ・オモタヨ)、Thundercat(サンダーキャット)、Tame Impala(テーム・インパラ)、 Bad Bunny(バッド・バニー)、Bootie Brown(ブーティー・ブラウン)、Beck(ベック)


■既に6月に配信スタートしていた、USが誇る奇才ベーシスト/プロデューサーのThundercat(サンダーキャット)とのコラボ楽曲「Cracker Island ft. Thundercat / クラッカー・アイランド ft. サンダーキャット」は、通算6度のグラミー受賞歴を誇るUS出身有名プロデューサーのGreg Kurstin(グレグ・カースティン)がプロデュース。彼等らしいエッジーでダンサブルなエレクトロ・ロック・サウンドに仕上がっている。


■アルバム情報解禁とともに公開された、アルバムからの2曲目となる先行トラック「New Gold / ニュー・ゴールド」は、オーストラリア出身のミュージシャンTame Impala(テーム・インパラ)とラッパーのBootie Brown(ブーティー・ブラウン)とコラボレーションした新曲(2022年8月31日(水)より配信スタート)。既に8月上旬にイギリスはロンドンのAll Points East Festivalにて、Tame Impala(テーム・インパラ)がGorillaz(ゴリラズ)のステージにジョインして披露されていた話題の楽曲。新曲のリリースと同時にヴィジュアライザーも公開している。


■新作アルバム『Cracker Island / クラッカー・アイランド』の制作については今回もユニークな説明がなされている。もともと、ウェスト・ロンドンにある(彼らの)ホーム・スタジオKORG STUDIOを拠点としていたが、世界を解決する唯一の真実を探すために、ザ・ラスト・カルトの新メンバーを探すために、という理由のもと今回はカリフォルニア州シルヴァーレイクに場所を移して制作されたという。ゴールデン・ステートからのレポートでは、マードックは隣の女性に恋に落ち、ラッセルはTVにくぎ付け、ヌードルは知恵をまとめたハンドブックの編纂を行い、2Dは、2Dでいることに精を出していた模様。


■アルバムについて各メンバーはこう語っている。
Noodle: 「新作アルバムの『Cracker Island』は変化の音であり、共同体のコーラスなんだ」
Russel Hobbs: 「運命の時がきたら、その門をくぐる準備ができていないといけない。『Cracker Island』はその門をくぐるためのコードなんだ」
2D: 「『Cracker Island』への道を見つけることは簡単じゃない、だってそれは水面下にあるからね」
Murdoc Niccals: 「『Cracker Island』の神聖化された音は、俺達の進化を新しい次元へと導いてくれるさ。是非ジョインしてくれ」



最新ニュース