bar italia バー・イタリア / THE TWITS ロンドンの最注目新人バンドが2023年2枚目となる最新アルバムをリリース!! 入荷♪

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース

2023.11.06

  • LINE

  • メール

ロンドンを拠点に活動、ニーナ・クリスタンテ、ジェズミ・タリック・フェフミ、サム・フェントンの3人からなるバー・イタリアが高い評価を得た〈Matador〉からのデビュー作『Tracey Denim』に続いて、2023年2作目となる最新作『The Twits』をリリース。


『The Twits』は、2023年2月から8週間かけてマヨルカの臨時ホーム・スタジオでレコーディングされ、マルタ・サローニがミックスを手がけた。簡素でありながらも叙情的な曲作りが特徴のバー・イタリアだが、今作においてはそれが一変し、騒々しくも神秘的、奔放、そして時に不吉ささえ感じられる。中毒性のあるリフと刺激的なフックを持つ 「my little tony」、カタルシスをもたらす「world's greatest emoter」、「Hi-fiver」が作り出すサイケデリアなど、過激で奇妙かつ、爽快なロック・ソングとなっている。
また、バンドの特徴である3人構成で生み出されるドラマチックな展開が、未知の領域へと進んでいく瞬間もある。クリスタンテ、フェミ、フェントンの3人は、それぞれ異なるメロディ、ムード、拍子を展開し、ときには重なり合って直線的に、ときには思いがけず乖離することもある。それは、30秒という短い時間の中で行われることが多く、彼らの持つ共通言語と友情に根ざしたチームワークと言えるだろう。例えば、「Jelsy」は、悲しげに響くカントリー・ブルースに合わせた、友人同士の会話のように展開され、交互に響く声が心地よく、また辛辣で絶望的なまでの切なさを感じさせる。「twist」のしなやかでゆっくりと燃えるようなワルツは、赤裸々な歌詞が際立ち、メンバーそれぞれの告白を誘っているかのようだ。 

前作『Tracey Denim』は2~3分のコンパクトな構成が特徴的だったが、今作では「Shoo」のような横長で末広がりの曲、波のように揺れ動き、怪しげな飲み屋で聴こえてくるようなソロから、脈打つような2音からなるピアノ曲の終焉へと変化する楽曲まで収録している。「glory hunter」は、遊び心に満ちた紆余曲折を経て、スタート地点とはまったく違う場所に行き着く。「Real house wibes (desperate house vibes)」と「que surprise」は、不眠不休のノワール的な災難を予感させるが、一方で、「sounds like you had to be there」では、バンド史上、最も甘美で楽観的な音楽的表現を見ることができる。最終曲の「bibs」は、メンバー3人がユニゾンで聴ける稀有な例で、幽玄なコードと切り裂くようなフィードバックが、これまでで最も冒険的で充実したセットを締めくくっている。


最新ニュース