到着♪シリーズ史上最も美しい選曲。累計100万枚以上のセールスを誇る超人気「夜聴き」コンピ「LATE NIGHT TALES」のキュレーターにデンマークが誇る女性SSW、AGNES OBELが登場!!!エクスクルーシヴ・トラックも収録!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース
  • 2018.05.25

    • LINE

    • メール


    数々の有名アーティストが登場し、シリーズ累計販売数100万以上のセールスを誇る、世界中で愛される「夜聴き」コンピの決定盤、「LATE NIGHT TALES」の最新作はキュレーターにデンマークが誇る才女アグネス・オベルが登場!
    ジャマイカン・シンガー、ノラ・ディーンが歌を乗せた「Ay Ay Ay Ay (Angie-Lala)」(M-5)、ブラジルの女性ボサノヴァ・コーラス・グループ、クアルテート・エン・シーの「Aleluia」(M-7)、ブルガリア・フォークロア合唱団、ニーナ・シモン、レイ・デイヴィスなどを選曲し、エクスクルーシヴ・トラックとしてアグネスの新曲「Bee Dance」(M-14)が初音源化。そして最後には詩人インガー・クリステンセン「Poem About Death」をアグネス自身のポエトリーリーディングで幕を閉じる。ビョーク、アウスゲイル、ムームなどフォーク音楽の牧歌性と神秘的な実験精神を併せ持つアーティストを数多く輩出してきた北欧好きにオススメのコンピレーション・アルバム!

    Agnes Obel / アグネス・オベル
    音楽一家のもとに生まれ幼少期からピアノを習い始める。2009年、"Obel"名義で制作されたヨーロッパ・デビュー・シングル「Just So」が、ドイツのテレビCMに抜擢され、一気に評判を高める。2010年、デビュー・アルバム『Philharmonics』をリリースし、デンマークアルバムチャート7週連続1位を獲得した他、ヨーロッパ各国で大ヒットを記録。シングル「Riverside」は映画『光のほうへ』のサウンド・トラックとしても使用され、デンマークの映画賞「Robert Award」で「the Best Song of the year 2011」を受賞。
    さらに2011年10月には、アデルやマムフォード・アンド・サンズが受賞したヨーロッパで優れた成績を残した新人アーティストに贈られる「ヨーロピアン・ボーダー・ブレーカーズ・アワード 2012」を受賞。2013年10月、セカンド・アルバム『Aventine』をリリースし、本国デンマークの総合アルバム・チャートで初登場1位を獲得。


    • 前の記事へ

      到着♪ポスト・パンクの祖、WIREの初期3作品がスペシャル・エディションで再発!初回生産限定の国内仕様盤3タイトル+トートバッグ・セットあり!DUオリジナル特典付き!

      ROCK / POPS / INDIE

      2018.05.26

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪USドリーム・ポップ・バンド、BEACH HOUSEが7作目となるアルバム『7』をリリース!

      ROCK / POPS / INDIE

      2018.05.18

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース