到着♪KING KRULEの盟友でもあるサウスロンドンのSSW、JERKCURBのデビューアルバム!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース
  • 2019.09.17

    • LINE

    • メール
    サウス・ロンドン・シーンの真打ち登場!! キング・クルールの盟友であり、コスモ・パイクやプーマ・ブルーらも一目置くサウス・ロンドンの重要人物=ジャークカーブの待望となるデビュー・アルバム!

    キング・クルールやトム・ミッシュ、ジェイミー・アイザック、コスモ・パイク、プーマ・ブルー、そしてファット・ホワイト・ファミリーやHMLTD、シェイム、ゴート・ガール、ソーリーなど、今もなお注目されているサウス・ロンドン・シーンから真打ちが登場、その名もジャークカーブ!

    ジャークカーブはジェイコブ・リードによるソロ・プロジェクトで、そもそも彼は2010年前後、キング・クルールとその兄のジャック・マーシャルと3人でDIK OOZ(同時期、キング・クルールはZOO KID名義で活動していたのでその名前を逆さ読みにした)というユニットで活動しており、ジャック・マーシャルとはWORDS BACKWARDSというバンドを組んでいたり、HORSEYというバンドでもライヴを重ねたりと、サウス・ロンドンが注目される前からそのシーンで音楽活動をおこなってきた人物。また、彼はイラストレーターとしても知られており、アート関連の活動もしています。

    このジャークカーブでは2016年にシングル「Night On Earth」を発表、この曲が270万回も再生されストリーミング・ヒットとなると、続いて2ndシングル「Voodoo Saloon」をリリースし、BBC RADIO 6 MUSICや音楽媒体などからも高評価を獲得、サウス・ロンドンにてカルト的な人気を決定づけます。

    本作は、そんな彼のミュージシャン・ライフが時間をかけて熟成されたような、深くて洗練されたポップスが詰まっています。ジャズやソウルなどの影響を感じさせながらも、曲によってはアメリカーナな雰囲気を携えたアレンジ、マック・デマルコやイエロー・デイズとは似て非なるレイドバック感など、まどろみを宿した心地よいグルーヴにいつのまにか引き込まれてしまう、不思議な魅力に溢れた作品です!

    • 前の記事へ

      到着♪Alabama ShakesのBrittany Howardが初ソロ・アルバム『Jaime』をリリース!Robert Glasper、Nate Smithが参加!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.09.18

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪OASISの1stアルバム『DEFINITELY MAYBE』が発売25周年記念限定の日本語帯付カラー・ヴァイナルとピクチャー・ヴァイナルでリイシュー!

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.09.15

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース