到着♪ 天才画家ジャン=ミシェル・バスキアが在籍したNYの伝説的NO WAVEバンドGRAYの唯一作が未発表曲とリミックスを追加してリイシュー!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース
  • 2019.12.06

    • LINE

    • メール
    1988年に27歳という若さで他界したNYを代表するアーティスト ジャン=ミシェル・バスキアが、ヒップホップ黎明期の重要人物のひとりとされるマイケル・ホルマン、ニコラス・テイラー、ウェイン・クリフォードらと結成したバンド GRAY。一時期はあのヴィンセント・ギャロも在籍し、インダストリアル、パンク、フリージャズ、ヒップホップ、ノーウェーヴといった、所謂80年代NYの功績の数々が凝縮されたかの様な素晴らしい音源を残しています。
     
    本作、”Shades Of…”はバスキアの死後、残されたメンバーがオリジナルのサンプルや演奏を元に再構築したGRAY名義での唯一の公式作品で、2010年に初めて音源化されると、限定のヴァイナルは直ちに完売。CDでも発売されましたが、現在は廃盤となっています。
    今回、そのアンソロジー的音源に更なる未発表曲を加え、Todd Rundgren, Hank Shocklee, King Britt, Sal P (Liquid Liquid), Deantoni Parks, Tewz, Free The Robots,,The Gaslamp Killer, Kool Keith, Amir Yaghmai ら豪華ゲストによるリミックスを収録。

    往年の DNA や The Pop Group、This Heat といったロック寄りのファンのみならず、近年の Warp での Danny Brown であったり、アブストラクトからさらにフリーに流れていく Standing On The Corner 一派、 そして Frank Ocean のダークサイド的作品となった “Endless”といった実験的な作品を辿る意味合いと しても、ぜひヒップホップリスナーや80年代以降に生まれた音楽ファンにも楽しんで頂きたい、この2019年にぴったりのリイシューといえるでしょう。アートワークはもちろんバスキアによるものです。

    • 前の記事へ

      到着♪ アジア・インディーシーンの最前線をひた走る、香港ポストロック要注意バンドPRUNE DEER(話梅鹿)

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.12.09

    • 一覧へ戻る

    • 次の記事へ

      到着♪ 初蔵出し激レア音源アリ! ゴー・ビトウィーンズ最新リマスター・ボックス・セット第2弾

      ROCK / POPS / INDIE

      2019.12.06

    • 一覧へ戻る

    最新ニュース