到着♪ エレクトロニック・ポップの鬼才Dan Deaconが5年ぶりとなる新作をリリース!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース
  • 2020.01.31

    • LINE

    • メール
    エレクトロ、テクノ、クラウト・ロック、トイ・ポップ、現代音楽からハードコアまで、あらゆるジャンルの音楽を撹拌した煌くポップ・サウンドで熱狂的な支持を集める鬼才Dan Deaconがオリジナル・アルバムとしては5年ぶりとなる最新作『Mystic Familiar』をリリース!!

    前作『Gliss Riffer』発表以降は、ドキュメンタリー映画『Rat Film』や『Time Trial』を筆頭に8本もの映画音楽を制作し、ニューヨーク・シティ・バレエ団の常任振付師Justin Peckやボルチモア交響楽団とともに自らの音楽をさらに拡張した編曲・演奏を行うなどコラボレーション活動も積極的に行ってきた氏がキャリア最長の4年という制作期間を費やして制作された本作は、ほぼ全曲でアナログのモジュラー・シンセを使用、トレード・マークともいえるボイス・エフェクトを脱ぎ去り、よりパーソナルな感覚にフォーカスしながらも抜群のポップ・センスをそのまま介在させた意欲作となった。
    アコースティック・ ギターと未加工の歌声が印象的な「Become a Mountain」によって幕を開け、疾走感溢れるマシーナリーなドラム・サウンドと飛翔するメロディでアルバムにギアを入れる先行シングル「Sat By ATree」、人生の悲劇と再生を描いた4つの楽章からなる組曲「Arp」、Dan Deaconが、Dan Deaconとして一人称で歌っていることが宣言される「I rose up」など、“秘密の友人”というコンセプトのもと万華鏡のような壮大なシンセ・ポップ11曲を収録。

    最新ニュース