CDLP入荷♪ アーロ・パークス、待望のデビュー・アルバム『コラプスド・イン・サンビームズ』が遂にリリース!!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース

2021.01.29

  • LINE

  • メール
シーンを賑わす英ロンドンのシンガーソングライター、アーロ・パークス、待望のデビュー・アルバム『コラプスド・イン・サンビームズ』が遂にリリース!!

ヒット・シングル「ユージーン」「ブラック・ドッグ」「ハート」「グリーン・アイズ」他、全12曲を収録。

2021年1月29日、Arlo Parksは待望のデビュー・アルバム『Collapsed In Sunbeams』をTransgressive Recordsよりリリースする。「デビュー・アルバムは、私の思春期とそれを形作った人々を取り巻く一連のヴィネットで、個人的なポートレイトなの。

ストーリーテリングとノスタルジアに根ざしていて、普遍的なものと特異なもの、その両方を感じてほしい」とArloは語る。ロンドンをベースに活動する20才のミュージシャン/詩人、Arlo Parksは、デビュー・シングル「Cola」のリリース以来、大きな注目を集めている。

BBCのSound Of 2020にノミネートされた後、BBC Radio 1のプレイリストにも選ばれたシングル「Eugene」をリリースし、世界的な評価を獲得。ソールド・アウトしたイギリス/ヨーロッパ・ツアーも実施した。次のシングル「Black Dog」はBBC Radio 1と6MusicでAリストに入り、続く「Hurt」もRadio 1と6MusicでAリストに入った。また、Evening Standard誌の表紙も飾り、ディオールのゲストとしてミラノ・ファッション・ウィークにも出席。

Jools Hollandでパフォーマンスも行った。そして、2020年10月20日には、アルバムのアナウンスと共に、Clairoをフィーチャーしたニュー・シングル「Green Eyes」も公開した。

ナイジェリア(2分の1)、チャド(4分の1)、フランス(4分の1)の血をひくArlo Parksはロンドンの南西部で育ち、英語の前にフランス語を話すことを学んだ。静かな子供であった彼女は、短編小説を書き、ファンタジーの世界を作り、ジャーナルを作成し、スポークン・ワードの詩に熱中し、GinsbergやJim Morrisonといったアメリカの詩人の詩を読み、YouTubeで古いChet Bakerのパフォーマンスを見ていた。最近ではNayyirah Waheed、Hanif Abdurraqib、Iain S. Thomasをお気に入りの現代詩人としてあげており、彼らの作品が他のミュージシャンと同様に、彼女の作詞/作曲に影響を与えていることは明らかである。

また、Sylvia Plathの『The Bell Jar』や村上春樹の『ノルウェイの森』といった本も同じく彼女に影響を与えている。「その本での村上の書き方は、私が望む自分の曲の書き方なの。ざらざらしていて、敏感で、人間的なの」とArloは語る。個人的なレベルでArloは自分のアイデンティティを成長させるのに苦労した。とても敏感でさえないおてんば娘であった自分のことを、「たわごとの為に踊ることはできない黒人の子供で、エモを聴いていたの。そしてスペイン語のクラスの女の子に恋をしていたの」と語る。17才になるまでに彼女は自分の頭を剃り、バイセクシャルであることを理解し、アルバムの為の素材を作り始めていた。


  • 前の記事へ

    新入荷♪PJ HARVEYの1998年4THアルバムのリイシューにあわせて未発デモもリリース!!

    ROCK / POPS / INDIE

    2021.01.29

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    新入荷♪BECKミーツNASA!?2019年リリース作『Hyperspace』がデラックス・エディションとして2LPアナログ・リリース!!

    ROCK / POPS / INDIE

    2021.01.29

  • 一覧へ戻る

最新ニュース