入荷♪シンセポップのパイオニア、テレックス!再発シリーズ第1弾は、ベスト盤!新ミックス&リマスター&未発表曲を収録!更に日本盤にはボートラ2曲追加収録!

  • ROCK / POPS / INDIE
  • 新着ニュース

2021.05.07

  • LINE

  • メール
1978 年ベルギーのブリュッセルで結成「ポップだけど、しっかりとしたサウンドを作り、ギターは使わない」、顔や髪型を音楽に合わせるような事を嫌がり「基本はスタジオにいること、そして外にいるときはマスクを被る」というポリシーを持つテレックス。
1978 年に発売されたクラシック「モスコウ・ディスコウ」は、テクノ黎明期のエレクトロニック・ミュージックへの布石的代表曲。
時代に先駆けたこのトラックは、時が経つにつれて評価が高まり、同時代の他のエレクトロ・ポップが廃れゆく一方、テレックスの評価はさらに高まり続けている。
本作『ディス・イズ・テレックス』(ベスト盤)は、「モスコウ・ディスコウ」や「ユーロヴィジョン」といった代表曲を始め、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、スパークスのカヴァー曲、未発表曲としてザ・ビートルズの「ディア・プルーデンス」とソニー&シェールの「ザ・ビート・ゴーズ・オン」のカヴァー曲が2曲、さらに日本盤CD にはボーナス・トラックとして「モスコウ・ディスコ」と「ユーロヴィジョン」の英語ヴァージョンを追加収録している。
そして、マスターテープからテレックス自身によって新たにミックスとリマスターが施されている点も聴き所のひとつ。
「我々はよりシンプルに、より優れた、よりテレックスらしいものを作るのさ。新しく音楽を作り始める感じだね、奇跡的だよ」(メンバー:ダン・ラックスマン)2008 年にメンバーのマルク・ムーランが逝去したことで、テレックスは引退を発表。
そんな悲しい経験を経た今、《MUTE》という非常にテレックスらしいレーベルと契約を結び、再発シリーズ第1弾として本作『ディス・イズ・テレックス』がリリースされる。
  • 前の記事へ

    新入荷♪ WEEZERがHR/HMへのラヴ&リスペクト満載の新作をリリース!怒涛のハード・ポップ・サウンドに昇華した痛快愉快な大傑作!

    ROCK / POPS / INDIE

    2021.05.14

  • 一覧へ戻る

  • 次の記事へ

    入荷♪「ニューヨーク・タイムズ」年間ベスト・トップ10にも選出! 話題のノルウェーSSW、BILLIE EILISHの兄FINNEASを共同プロデューサーに迎えたデビュー作!

    ROCK / POPS / INDIE

    2021.05.07

  • 一覧へ戻る

最新ニュース