Hinton Battle Meets Count Basie Orchestra / ヒントン・バトル・ミーツ・カウント・ベイシー

HINTON BATTLE ヒントン・バトル

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

1,543円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
EIGHTY-EIGHT'S
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
EECD5001
通販番号
1006023108
発売日
2013年12月12日
EAN
4571480060069
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

世界的なトップ・タップ・ダンサーであり、トニー賞助演男優賞を3回も受賞しているミスター・ブロードウェイ=ヒントン・バトルがジャズ界の最高峰ビッグ・バンドのカウント・ベイシーバンドと共演したしたデビュー・ソロ・アルバム! 必聴の話題最新CD登場!

2013年12月14日から翌年2月14日まで50公演するヒントンが演出・振付・台本・主演の『ヒントン・バトルのアメリカン・バラエティ・バン!』。その公演記念に、ヒントン自身がソロ・アルバム作りを希望した。そこで数多くのアルバムを制作してきた音楽プロデューサー伊藤八十八さんに、そのアルバム制作と『AVB!』の音楽コーディネートを依頼した。伊藤さんはかねてからCDをプロデュースしているカウント・ベイシー楽団の9月の来日公演を一日伸ばし、記者発表で大阪に来るヒントンを東京に連れ戻し、アレンジに笹路正徳と野口久和を起用し、ヒントン立会いの下で4曲をレコーディングした。 『A列車で行こう』、『ソフィスティケイテッド・レディー』、『スイングしなけりゃ意味がない』はデューク・エリントンの作曲で、ヒントン、初トニー賞作品の挿入曲でもある。ヒントンは今回、初めて歌った『A列車で行こう』でジャージーなアドリブを聴かせてくれる。ベイシー楽団がエリントン楽団の曲を三曲も演奏するというのも、ジャズの歴史を考えると感慨深いものがある。最後の『クリスマス・ソング』は26年前の公演中、クリスマス期間だけ、サービスでヒントンが歌った。その時の印象が強く、今回のアルバムに加えられることになった。ミュージカル楽曲が一曲もなく、エリントンやナット・キング・コール、メル・トーメといったジャズ色の強い選曲もさることながら、ヒントン独特の伸びのある歌声と、ビッグ・バンドの醍醐味を満喫させてくれるベイシー楽団の出逢いが、何度も繰り返して聞きたくなる貴重なアルバムを生んでくれた。 (『AVB!』エクゼクティヴ・プロデューサー平哲郎) --CDライナー・ノーツ

ソングリスト

  • 1. A列車で行こう
  • 2. ソフィスティケイテッド・レディー
  • 3. スイングしなけりゃ意味がない
  • 4. クリスマス・ソング