House Of Wasps / ハウス・オブ・ワスプス

JUST OFF ジャスト・オフ

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

2,700円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
MY BEST!
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
MYRD82
通販番号
1006537983
発売日
2015年02月04日
EAN
4988044016019
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

1)[Profile]
トリスタン・ホンジンガー Tristan Honsinger
1949年アメリカ合衆国ヴァーモント州に生まれニューイングランド音楽院などでクラシックを学ぶ。1969年モントリオールに移り即興演奏を始める。デレク・ベイリーの音楽に触発され、1974年にヨーロッパに移住。デレクの組織したCompany、ミシャ・メンゲルベルク、ハン・ベニンクが結成したICP(Instant Composers Pool)、アレクサンダー・フォン・シュリッペンバッハ、ペーター・コヴァルト、ペーター・ブロッツマンらのGlobe Unityなどに参加し、フリージャズとインプロヴィゼーションの交錯するヨーロッパ即興シーンの最前線で活動して来た。
70年代後半から80年代初頭にかけてイタリアでKatie Duckの即興劇団"The Great Salt Lake Mime Troup”と活動を共にし、Tiziana Simona, Sean Bergin, 近藤等則,Jean-Jack Avenel, Michael Vatcherたちと、自身のグループ"This That and the Other"を始めた。
1983年に近藤等則らと初来日し、浅川マキのアルバム"who's knocking on my door"に参加、91年には浅川マキのプロデュース、渋谷毅、近藤等則の共演を得て"from the broken world"を発表した。
1988年以来セシル・テイラーのヨーロッパでのグループのメンバーとして活動。現在Tobias Delius Quartet、ICPなどのメンバーであり、2010年以来ベルリンを拠点に、ジャンルを超えたコラボレーション、ワークショップ、作曲などに精力的に活動している。

千野秀一 Shuichi Chino

1951年生まれ。1970年から職業音楽家として活動。「ダウンタウン・ブギウギバンド」、「ワハハ」、「サカタオーケストラ」、「A-MUSIK」「グランド・ゼロ」等多数のユニットに参加。
80年代に入り映画、演劇、ダンスの伴奏音楽の作曲を手掛ける。90年代からはデジタルソースを使った極私的かつ実験的な作品の制作や音楽用ソフトウェアの開発を行う。
 映画では、『ヒポクラテスたち』(大森一樹監督)、『風の歌を聴け』(大森一樹監督)、『赤目四十八瀧心中未遂』(河内紀監督)など、舞台では舞踏集団・大駱駝艦の大半の作品など、多数の作品を手掛ける。

向島ゆり子 Yuriko Mukoujima
ヴァイオリン、ビオラ、アコーディオン、ピアノ、作曲、編曲、たまに歌。
10代より活動をはじめる。工藤冬里らとの「マシンガンタンゴ」や、久下惠生、篠田昌已、今井次郎らとの「PUNGO」、清水一登、れいち、渡辺等、今掘恒夫らとの「おU」、梅津和時、巻上公一らとの「ベツニナンモクレズマ」、坂本弘道、水谷浩章との「酒井俊 & string trio」など様々なバンドに関わる。96年にはオリジナル曲を集めた「right here !!」を発表。FM東京で特集番組が組まれたり、世界の車窓からに楽曲が使われるなど各方面から注目される。97年、串田和美演出「春の目覚め」で、音楽監督をつとめる。 00年スウェーデンの鬼才故ラーシュホルメルとのDUOアルバムを発表。08年ICPのメンバー、トリスタンホンジンガーとのツアー、おおたか静流,山口ともとの東ティモール公演など、様々なジャンルのコンサート、ライブ、レコーディング活動を行っている。
現在参加している主なバンドは「今井次郎とんぷくユニット」「パンチの効いたオウケストラ」「白崎映美ととうほぐオールスターズ」などなど

瀬尾高志 Takashi Seo
2001年キューバ、アメリカ各地でセッションを重ね、03年より10数本によるコントラバス集団“漢達の低弦”を主宰。板橋文夫、渋谷毅、林栄一、高瀬アキ、齋藤徹、小山彰太、外山明、加藤崇之、一噌幸弘、酒井俊、翠川敬基、カルメンマキなどからET AUSSI DANCE COMPANY、田中泯などダンサーまで共演者多数。
--------------------------------------
2)ライナーノーツより(トリスタン・ホンジンガー)
父は若いころ私を兄弟姉妹たちと一緒に、町の真ん中を流れる、とある汚い川べりにピクニックに連れて行ったものだ。
ある時日本の友人が、家族で虫の声を聞きにピクニックに行くと聞いて、それがなぜか強く印象に残った。
その後、日本で朝7時からの野外コンサートがあった。そのコンサートの最中にセミが鳴き始めた。虫の声があまりに大きいのでチェロの音が聞こえないほどだった。衝撃だった。このできごとは私にはずっと残るだろう。
こういう小さな生き物にはなにか特別なつながりを感じる。
最初の頃「the three of wasps」という曲を書いたこともあったが、別にWhite Anglo Saxon Protestantの略とは関係ない。かわりにトランプと関係がある。クラブ、ハート、のように”蜂”(wasp)もあるカードだ。
この「The house of wasps」は今のところエース、クイーン、ジャック、9、7、6、5の組曲だが、そのうちキングや8、4、3、2、も加わっていくかもしれない。いずれにせよタイトルには意味はない。これは無意識に宇宙とつながってるバイブレーションみたいなものなんだ。
 

 

ソングリスト

  • 1. Travel with Yoshi and Mildred Alaska Rapids~Black Hills in Dakotas~Hawaii
  • 2. Ilarias Aria
  • 3. Setagaya-ku (Night,Bright,Light) suite “The house of wasps""
  • 4. . Ace of wasps
  • 5. Queen of wasps
  • 6. Jack of wasps
  • 7. conduction
  • 8. 9 of wasps
  • 9. 6 of wasps ~5 of wasps
  • 10. Unagi