• CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,571円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 試聴可能
レーベル
澤野工房
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
規格番号
AS159
通販番号
1007536094
発売日
2017年11月24日
EAN
2299990419182
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※デジパック
変わらぬ熱き想いを、あなたに。時代が、音楽が大きく動いた1967年。輝かしき日々への憧れを込め、TÕNU NAISSOOが贈る、最高のトリオ・ミュージック!


確なテーマがある。タイトルの示す通り、それは1967年だ。TÕNUさん(と、どうしても呼んでしまう)にとっての音楽的原点になった年であり、そして、カウンター・カルチャーの世界が大きく動いた一年間、それが西暦1967年だった。サマー・オブ・ラブ、ヒッピー・ムーヴメントが沸き起こり、社会に、芸術に、大きく影響する。もちろん、音楽も例外ではなかった。若い力で世の中が変えられるかも知れない...そんな予感と熱が特別な音楽を生み出した。
エストニアという、当時はソヴィエトの支配下にあった場所からそれを感じるとするなら、TÕNUさんの憧れは一層強かったに違いない。そこから始めた自らの歩みを跡付けるように、チョイスされたナンバーたち。
シーンの中心だったサンフランシスコ(2)ではシスコ・ロックが生まれ、反体制ミュージカル「ヘアー」(6)が上演され、ジミ・ヘンドリクスが登場する(8)。創造力の頂点に達したビートルズがアルバムSgt.Pepper’sLonely Hearts Club Band(7)を送り出し、ストーンズ(9)さえもフラワーな響きを奏で、我らがマイルスのクインテット(10)は円熟の極みを描いた。

それから50年、未だノスタルジーとは呼べない想いが我々を捉えて離さない。それは記憶の一点ではなく、現在から更に先へと延びる道程の基点だからだ。TÕNUさんのトリオは愛おしむように最高の素材をCookして心に火を灯してくれる。
間違いなく永く愛聴に耐える素晴らしいC D。是非お手元に置いて戴きたい。
Text by 北 見柊

■Tonu Naissoo : piano
Taavo Remmel : bass
Ahto Abner : drums

(新譜案内より)
※本商品は発売日以降の発送となる場合がございます。予めご了承ください。

ソングリスト

  • Up, Up and Away
  • San Francisco
  • Kind of Folk Waltz
  • Super C
  • The Look of Love
  • Aquarius
  • She’s Leaving Home
  • Purple Haze
  • Ruby Tuesday
  • The Sorcerer