MINOR MOOD Remaster / マイナー・ムード(2CD/リマスター)

TAICHI MINAGAWA 皆川太一

「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」常連エンジニア、ステファノ・アメリオが寺島レコード作品の新たな魅力を映し出すリマスター・プロジェクトが始動

  • CD
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,240円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 紙ジャケ
レーベル
寺島レコード
国(Country)
JPN
フォーマット
CD
組数
2
規格番号
TYR1067
通販番号
1007703425
発売日
2018年09月05日
EAN
4988044040090

商品詳細情報

「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」常連エンジニア、ステファノ・アメリオが寺島レコード作品の新たな魅力を映し出すリマスター・プロジェクトが始動
オリジナル音源とすぐに聞き比べができるリマスター音源とオリジナル音源の2枚組仕様

「リマスター」――RVGシリーズに代表されるように、それはジャズ・ファン、オーディオ・ファン共に垂涎の企画。このたび、“ジャズ・オーディオ”に並々ならぬ拘りを貫き、もとより好評を博す「寺島レコード」が、レーベル創立(2007年)以来続けてきたオリジナル録音のリマスターシリーズを発表します。注目のリマスタリング・エンジニアは、プロデューサー寺島靖国自身が大ファンにして「ジャズ・オーディオ・ディスク大賞」に毎年名を連ねるイタリアのステファノ・アメリオ。彼の作り出すサウンドは絶妙な空間バランスと明瞭な輪郭を持ちオーディオ・ファンをも虜にしてやまない高音質で、手がけた作品は軒並みヒットを飛ばしています。(全2期・計10タイトル予定)

【作品紹介】
バークリー留学から帰国後、寺島レコードよりリリースされた山本玲子作品をはじめ数々のバンドで研鑚を積み、そのプレイに注目が集まることとなったギタリストの皆川太一のデビュー作。これからのジャズ界を牽引する若手プレイヤー達による作品が、近年世界中から高い評価を得ているアメリオの手によって磨きがかかり再登場。

特別仕様ライナー付属
寺島靖国が新たに本企画のために書き下ろしたライナー
+
オリジナルライナー
+
リマスタリングを行ったステファノ・アメリオより
寺島レコードのサウンドについてのコメント!!
※内容は変更になる場合がございます。

2016年作品(オリジナル品番:TYR-1052)
Recorded by 佐藤宏章 (Landmark Studio)
Remastered by Stefano Amerio (Artesuono Studios / Italy)



山本玲子(vib)テンパス・フュジット参加で頭角を現わしたギタリスト皆川太一が、新進気鋭メンバーと臨むデビュー作

2016年、寺島レコードの本年第一弾レコーディング・アーティストはギタリストの皆川太一のデビュー作。バークリー留学から帰国後、数々のバンドで研鑚を積みながら、新鋭ヴァイブラフォン奏者山本玲子率いる「テンパス・フュジット」(寺島レコードより2枚のリリース)のヒットによりそのプレイにさらに注目が集まることとなった。
メンバーにも、間違いなくこれからのジャズ界を牽引することになる若手のスーパー・プレイヤーが集結。テナーの杉本匡教はジャズ史上久しぶりに現れた、楽曲独自の美しさを最大限引き出すサックス奏者。ドラムスは若干17歳で渡辺貞夫(as)のツアーに抜擢された後トップドラマーへの道を駆け上がり続ける横山和明、ベースにはベテランから若手までの信頼厚く、山中千尋(p)の国内ツアーにも帯同するなど全国区での活躍をみせる清水昭好が参加。
「哀愁とガッツ」の寺島レコードの、楽曲はもちろんのこと、本邦気鋭との融合にも注目が集まるデビュー作となった。

メンバー:
皆川太一 (g)  Taichi Minagawa
杉本匡教 (ts)  Masanori Sugimoto
清水昭好 (b)  Akiyoshi Shimizu
横山和明 (ds)  Kazuaki Yokoyama

録音:2016年1月14日
横浜ランドマークスタジオにて
(2016年リリースインフォより)

ソングリスト

  • Doo's Blues (Bent Jadig)
  • B's Waltz (Bent Jadig)
  • Minor Blues (Minor Blues)
  • No More (Taichi Minagawa)
  • I didn't Know (Jorgen Ryg)
  • Slow Mood (Eddie Miller)
  • Avila And Tewuila (Hank Mobley)
  • Rain Shadow (Taichi Minagawa)
  • To Iskol' Hof (Bent Axen / Bent Jadig)
  • Without A Song (Vincent Youmans)