OW! Live At The Penthouse 1962 (2LP)

JOHNNY GRIFFIN ジョニー・グリフィン

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)
  • OUTLET

7,920(税込)

30%OFF 5,544円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
REEL TO REAL
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
RTRLP003
通販番号
1008007010
発売日
2019年11月29日
EAN
0875531016833
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※LP
ホレス・パーラン(p)、バディ・キャトレット(b)、アート・テイラー(ds)をフィーチャーした、ジョニー・グリフィン(ts)、エディー・”ロックジョウ”・デイヴィス(ts)の双頭クインテットの1962年の未発表録音の正式なリリースです!!
グリフィンと”ロックジョウ”デイヴィスのコンビの貴重なリリースは、バーニー・グランドマンによる、オリジナルの10"テープからの7 1/2IPSでの直接転送でのマスタリングを使用した、豪華な限定180g重量盤仕様で、レアな写真や、テッド・パンケン(評論家)、マイケル・ウェイス(ピアニスト)、ゼブ・フェルドマン、コリー・ウィード(共同プロデューサー)、ケニー・ワシントン(ドラマー)、ジェームス・カーター(サックス)らのエッセイを含むブックレット付です!!
(RSDのHPより)

■Personnel:
Johnny Griffin (ts)
Eddie “Lockjaw” Davis (ts)
Horace Parlan (p)
Buddy Catlett (b)
Art Taylor (ds)

from 1962. Released in partnership with the estates of Johnny Griffin and Eddie “Lockjaw” Davis

Tracks 1 - 6 recorded May 30, 1962
Tracks 7 - 12 recorded June 6, 1962
Recorded live at The Penthouse in Seattle, Washington

 



RECORD STORE DAY限定商品は、店舗/オンライン・ショップ共に予約販売をいたしません。予めご了承ください。

■店舗では11/29(金)の開店と同時に販売をスタートいたします。
※発売当日に限りまして、購入はお一人様2枚までとさせていただきます。
※発売当日の電話での予約/取り置きはお断りさせていただきます。

■オンライン・ショップでは
12/6(金)の午前0時より販売・発送および未入荷品の予約受付を開始いたします。
※発送開始の時期自体は11/29(金)とこれまでと変わりはありません。

■店舗の店頭・電話・メールでの通販に関しましても、
商品確保・発送および未入荷品の予約受付は12/6(金)以降となります。
※店頭では、ご来店前提の在庫商品のお取り置きのみ、11/30(土)より受付いたします。

【その他】
※限定商品の為、現在のところ入荷数未定となっております。
入手に尽力いたしますが入荷予定数に達しない場合にはお渡しはご予約先着順とさせていただききます。
※ご予約頂いても商品が一切ご用意できない場合がございます。
ご予約は商品の確保を確約するものではありません。予めご了承のほどよろしくお願いいたします。
※当日より3週間程度経過しても弊社へ入荷しない場合には、入荷見込み無しと判断し、
ご予約のキャンセル及び他商品の分割発送のご連絡を差し上げる場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。
 

ソングリスト

Disc 1

  • A1.“Intermission Riff - Introduction by Jim Wilke”
  • A2.“Blues Up and Down”
  • A3.“Ow!”
  • B1.“Bahia”
  • B2.“Blue Lou”
  • B3.“Intermission Riff - Outro by Jim Wilke”

Disc 2

  • C1.“Intermission Riff - Introduction by Jim Wilke”
  • C2.“Second Balcony Jump”
  • C3.“How Am I To Know?”
  • D1.“Sophisticated Lady”
  • D2.“Tickle Toe”
  • D3.“Intermission Riff - Outro by Jim Wilke”