Amaryllis & Belladonna (2LP)

MARY HALVORSON メアリー・ハルヴォーソン

『Amaryllis』と『Belladonna』の2作品を収めたアナログ盤

  • レコード
  • 売切
  • (注文不可)

5,940円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
NONESUCH
国(Country)
IMPORT
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
7559791270
通販番号
1008466566
発売日
2022年05月13日
EAN
0075597912708
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

※2LP
ブルックリンを拠点に活躍する気鋭ジャズ・ギタリスト/作曲家、Mary HalvorsonがNonesuch Recordsから2つの組曲作品をリリース!ジャズから実験音楽、ニューミュージックなど多岐にわたるMaryの音楽的影響を反映した6人編成の6曲構成による組曲『AMARYLLIS』とMivos String Quartetをフィーチャーしたギターとストリング・カルテットの為の5曲構成の組曲『BELLADONNA』の2枚組アナログ完成。

■ブルックリンを拠点に活躍する気鋭ジャズ・ギタリスト/作曲家、Mary Halvorson。彼女がこの度ノンサッチ・レコーズと契約。レーベル第1弾となる作品を発売する。リリースされるのは『AMARYLLIS』と『BELLADONNA』の2枚のアルバムからなる2部作だ。どちらの作品もMaryが昨年秋にブルックリンにあるパフォーミング・アーツ・センター、Rouletteで演奏した組曲となり、両作品ともDerhoofのJohn Dieterichがプロデュースとミックスを手掛けている。

■『AMARYLLIS』は6曲構成の組曲となり、MaryとPatricia Brennan (ヴィブラフォン)、 Nick Dunston (ベース) 、 Tomas Fujiwara (ドラムス) 、 Jacob Garchik (トロンボーン) 、 そして Adam O’Farrill (トランペット)からなる6人編成で演奏された、ジャズから実験音楽、ニューミュージックなど多岐にわたるMaryの音楽的影響を反映した作品である。また3曲にはThe Mivos String Quartetが参加している。
もう一方の『BELLADONNA』は、ギターとストリング・カルテットの為に作曲された5曲構成の組曲。MaryのギターとThe Mivos string quartetによって演奏されたこの作品は、Maryにとって初めてストリング・カルテットの為に作曲した作品だ。

■「『AMARYLLIS』には、地球上で最も好きなミュージシャンたちを何人かフィーチャーしている。世界が停滞し、ほとんどの活動を中断せざるを得なくなった2020年から作曲に取り掛かったのだけど、その時にはギター1本と鉛筆、メモ紙にコンピューターだけが手元にあった。音楽が一体どんな風に聴こえるかを想像する喜びが、あったからこそ正気を保つことが出来たし、また前に進もうとする理由づけにもなってくれた」Maryは『AMARYLLIS』についてそう語り、さらに続ける。
「また同じころ、ストリング・カルテットの音楽をかなり聴いていた。自分のアパートメントにオーケストレーションに関する本が何冊か転がっていて、作曲のレッスンを受ける時間もあった。ストリング・カルテットの為の音楽を作る夢をずっと持っていたけど、ずっと難しく、手の届かないものだと思っていた。でも、空いたスケジュールと終わりの見えない時間が目の前に広がった時、いまこそやってみようと思えた」

■そうして完成した『BELLADONNA』についてMaryはまたこうも語っている。
「Mivos Quartetと共演するのは夢だった。ストリングスとギターの為の『BELLADONNA』の作曲を終えた時、私はまだまだ続けたくって、6人編成のための『AMARYLLIS』にもストリング・カルテットのパートを付け加えたの。そうして最終的には両方のグループを含む10人編成のプロジェクトになっていった。プロジェクトがモジュール化されており、別々に存在することも、一つの大きなアンサンブルとしてまとまることもできる、その考え方が気に入ったの」

■アヴァンギャルド・ジャズや即興音楽の分野で活躍しているMaryは、ベーシストのJohn HebertとドラマーのChes Smithによるトリオ編成作品『DRAGON’S HEAD』を200年にリリースして以降、トリオにトランぺッターのJonathan Finlaysonとアルト・サックス奏者Jon Iragonを加えた5人編成による2010年の『SATURN SINGS』、2012年の『BENDING BRIDGES』を次々とリリース。その後も6人編成による2014年の『ILLUSIIONARY SEA』、8人編成による2016年の『AWAY WITH YOU』を発表しながら、ソロ・アルバムとして『MELTFRAME』(2015年)、そしてヴォーカリストAmirtha KidambiとトランぺッターAdam O’Farrill、サックス奏者/ヴォーカリストのMaria Grand、ベーシストMichael Formanel、そしてドラマーのTomas Fujiwaraからなるアンサンブル・プロジェクト『CODE GIRL』(2018年&2020年)など積極的に発表している。またギタリストとしてもBill FrisellやMarch Ribot、John Zorn、Trevor Dunnなど数えきれないほど数多くのアーティストの作品に参加している。

■2つの組曲作品『AMARYLLIS』に『BELLADONNA』。才気に溢れた気鋭のジャズ・ギタリスト/作曲家Mary Halvorsonによる注目の作品の登場だ。

ソングリスト

Disc 1

  • A1.Night Shift
  • A2.Anesthesia
  • A3.Amaryllis
  • B1.Side Effect
  • B2.Hoodwink
  • B3.892 Teeth

Disc 2

  • C1.Nodding Yellow
  • C2.Moonburn
  • C3.Flying Song
  • D1.Haunted Head
  • D2.Belladonna