ギュンター・ヴァント 協奏曲集 第1集 ボレット、オピッツ編

GUNTER WAND ギュンター・ヴァント

完全限定生産盤 / 初LP化

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

15,120円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ALTUS
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
PHLP-31/2
通販番号
DIN190705-037
発売日
2019年07月20日
EAN
4543638620166
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★PROFILレーベルからリリースされていたヴァント指揮の貴重な協奏曲音源を初LP化。LP用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上でLP化しております。ヴァントが残した忘れ難い名演の数々を極上の音質でお楽しみください。 ★<7色のピアニスト:ホルヘ・ボレット>...ボレットはマシンガンのような叩きつける演奏ではなく、リスト派のピアニストに共通する「精神のテクニック」を7色の音色とともに追求した。全体的に引き締まったテンポで、力強いタッチ、多彩で明るい音色をそなえ、切れ味がよく、最後のフィナーレは70歳を超えたピアニストとは思えない白熱した演奏になっている。 <ドイツ精神の変容:ゲルハルト・オピッツ>...オピッツの演奏はヴァルヒャの厳格なバッハを思わせる。戦前世代のリスト派たちが追及した精神のテクニックを乗り超えて、バッハにつながる構築への意志で偉大なるドイツ音楽の伝統を「変容」させようとしているかのようだ。節度を持って旋律を歌わせると同時に、ペダリングによる音色的な変化をつけ、要所ごとにアゴーギクを用いヴァントとオーケストラとのテンポの動きにおける意思疎通も絶妙である。(ピアノ音楽研究家・吉澤ヴィルヘルム)ギュンター・ヴァント 協奏曲集 第1集 ボレット、オピッツ編 【収録内容】[LP1]チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 A面:第1楽章、B面:第2、第3楽章 [LP2]シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 A面:第1楽章、B面:第2、第3楽章【演奏者】[LP1]ホルヘ・ボレット(ピアノ) [LP2]ゲルハルト・オピッツ(ピアノ) ギュンター・ヴァント(指揮) ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、録音:[LP1]1985年11月13、14日、[LP2]1983年3月21日/ハンブルク、ムジークハレ

ソングリスト

Disc 001

  • A1.ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 第1楽章
  • B1.ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品23 第2、第3楽章

Disc 002

  • A1.ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 第1楽章
  • B1.ピアノ協奏曲 イ短調 作品54 第2、第3楽章