ギュンター・ヴァント 協奏曲集 第2集 マガロフ、フィルクスニー編

GUNTER WAND ギュンター・ヴァント

完全限定生産盤 / 初LP化

  • レコード
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

15,120円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
ALTUS
国(Country)
JPN
フォーマット
LP(レコード)
組数
2
規格番号
PHLP-33/4
通販番号
DIN190705-038
発売日
2019年07月20日
EAN
4543638620173
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

★PROFILレーベルからリリースされていたヴァント指揮の貴重な協奏曲音源を初LP化。LP用にリマスターを施し、アナログのマスターテープを作った上でLP化しております。ヴァントが残した忘れ難い名演の数々を極上の音質でお楽しみください。 ★<ウィーン派のモーツァルト:ルドルフ・フィルクスニー>...晩年に近づくにつれてその音楽は透明感を極め、美しさを究極まで高めていった。透明な音の粒を生み出す神がかり的なタッチを聴かせた至福の音楽だった。それはあたかも朝露が草花を転がり落ちるかのような至福の美しさに満ちていた。この演奏でフィルクスニーは、透明感ある音を大切にしながら、この曲の内面に潜む美質を最大限引き出そうとしている。そこにはこの曲を明瞭に弾いたシュナーベル、冷徹なカーゾンといったウィーン派の伝統を見出すことができる。 <最後の帝政ロシア貴族:ニキタ・マガロフ>...もっとも高貴で貴族的なショパンを弾くピアニストが誰かと問われれば、私はその一人にマガロフの名前をあげる。それほどマガロフの奏でる音楽には洗練さと気品、香りの高さに満ちあふれている。完璧なまでの精密なタッチと安定感とともに、過剰な表現や思い入れが抑制され、上品な解釈による真摯で貴族的でありながら華麗な演奏を特徴としている。このハイドンもきらめく音色、品格ある抑制、絶妙なテンポ感を生かし、貴族的で薫り高く美しいウィーン古典派の名作に仕上げた名演奏である。(ピアノ音楽研究家・吉澤ヴィルヘルム)ギュンター・ヴァント 協奏曲集 第2集 マガロフ、フィルクスニー編 【収録内容】[LP1]モーツァルト:ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466 A面:第1楽章 B面:第2、第3楽章 [LP2]ハイドン:ピアノ協奏曲第11番 ニ長調 Hob. XVIII-11 A面:第1楽章 B面:第2、第3楽章【演奏者】[LP1] ルドルフ・フィルクスニー(ピアノ)、ケルン放送交響楽団 [LP2] ニキタ・マガロフ(ピアノ)、ハンブルク北ドイツ放送交響楽団、ギュンター・ヴァント(指揮) 録音:[LP1]1969年9月13日/ケルン、[LP2]1985年12月2日/ハンブルク、ムジークハレ

ソングリスト

Disc 001

  • A1.ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466 第1楽章
  • B1.ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K. 466 第2、第3楽章

Disc 002

  • A1.ピアノ協奏曲第11番 ニ長調 Hob. XVIII-11 第1楽章
  • B1.ピアノ協奏曲第11番 ニ長調 Hob. XVIII-11 第2、第3楽章