MOBIUS / RYU, LEE, PENDERECKI: ORCHESTRAL WORKS

SINFONIA VARSOVIA シンフォニア・ヴァルソヴィア

  • CD
  • 新品在庫なし
  • (注文は可能/1ヶ月未入荷の場合キャンセルのご案内を致します)

2,035円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

レーベル
WARNER CLASSICS
国(Country)
IMPORT
フォーマット
CD
規格番号
9029537178
通販番号
DIN190920-068
発売日
2019年10月25日
EAN
0190295371784
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

ペンデレツキと弟子によるメビウス的思想音楽 「メビウスの輪(Mobius loop)」幅広のテープの端を180度ひねってつなぎ合わせ、このテープ上に線を引いていくと、いつの間にか裏側にも線が引かれ、最後は元に戻ってくる。1858年の同じ年、ドイツの二人の数学者メビウスとリスティングに、同時にインスピレーションでもたらされました。「メビウスの輪」は、単に「無限」の象徴というものだけでなく「輪廻」の実際の構造を映しだされたものとされています。現代の音楽思想においても、大陸間および世代間の流れの象徴ともなっています。その始まり、またはむしろ接触点は、シンフォニア・ヴァルソヴィアの芸術監督であり、20世紀で最も重要なポーランドの作曲家であるクシシュトフ・ペンデレツキの姿によって特徴付けられます。ペンデレツキの作品は、ヨーロッパをはじめ、現代の音楽文化の形に大きな影響を与えてきました。彼の作品は、ペンデレツキの生徒であった韓国の作曲家、リュウ・ジェジュンの音楽からも明らかなように、世界中のアーティストのインスピレーションとなっています。ここに収録された3作品は、現代音楽の3つの異なるビジョンを示しています。提供される視点は非常に貴重であり、ヨーロッパとアジアの音楽的感性のユニークな組み合わせが具現化されています。 (資料提供:ワーナーミュージック) 【収録予定曲】 1) リュウ・ジェジュン:『ピアノ協奏曲』 (2017) 2) イ・コニョン:『Gyol』(1978/1979) 3) ペンデレツキ:『交響曲第5番』(1991/1992) 【演奏】 マッケンジー・メレメド(ピアノ:1) シンフォニア・ヴァルソヴィア(1-3) ラルフ・ゴトーニ(指揮:1, 2) グジェゴシュ・ノヴァック(指揮:3) 【録音】 1-2) 2018年11月7, 9日、ソウル・アーツ・センターでのライヴ 3) 2019年1月8-10日、ワルシャワ、ポーランド放送ヴィトルト・ルトスワフスキ・コンサート・スタジオ ※限定盤