COMPLETE RCA & COLUMBIA ALBUM COLLECTION

EMIL GILELS エミール・ギレリス

限定生産品

  • CD
  • 売切
  • (注文不可)

3,190円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

ご注文できません
レーベル
SONY CLASSICAL
国(Country)
EU
フォーマット
CD
組数
7
規格番号
88875177312
通販番号
DSN160708-13
発売日
2016年08月23日
EAN
0888751773127
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

エミール・ギレリス / コンプリートRCA & コロンビア・アルバム・コレクション
【ギレリス生誕100年記念リリース】

ダイナミックな打鍵とヴィルトゥオーゾぶりで「鋼鉄のタッチ」と形容されたロシアの巨匠エミール・ギレリス(1916-1985)。非常に自由に、力強くも精緻で優雅な演奏で知られ、繊細なタッチでコントロールされた美しい弱音の描写、感情漂うロマンチシズムが持ち味です。当ボックスセットは、ギレリスが1955年~65年と1979年にRCAおよびコロンビア(CBS)に残した録音を集大成したもので、音楽の情景の流れを察知し、デリケートな柔軟性が特徴的な、ギレリスならではの個性的な演奏ばかりです。
協奏曲では、チャイコフスキーの第1番、ブラームスの第2番、ショパンの第1番というギレリスの十八番が収録されています。チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番は、最初期のステレオ録音となったライナー&シカゴ響との共演盤と、デジタル初期の1979年にライヴ収録されたメータ&NYPとの録音の2種類を収録しています。当時シカゴ響の首席奏者だったシュタルケルが第3楽章のチェロ独奏を担ったブラームスのピアノ協奏曲第2番、そしてショパンではオーマンディ&フィラデルフィア管の豊麗なバクアップが光ります。ソロでは、バッハのフランス組曲第5番、シューベルトのソナタ第14番(世界初CD化)と第17番、十八番だったリストのソナタ、そしてショスタコーヴィチのソナタ第2番など、ギレリスの緻密かつにごりのないピアノ・サウンドが当時のRCAリブン・ステレオの最高の技術によって捉えられています。

各ディスクは、当時のレーベル・デザインを採用し、初出LPのオリジナル・デザインによる紙ジャケットに封入され、クラムシェル・ボックスに収納されています。オールカラーのブックレットには詳細なレコーディング・データ入りのトラックリストとエッセイが掲載されます。 (資料提供:ソニーミュージック)

【収録内容】
【CD1】チャイコフスキー:『ピアノ協奏曲第1番変ロ短調Op.23』~ エミール・ギレリス(ピアノ) フリッツ・ライナー(指揮) シカゴ交響楽団《録音》1955年10月29日、シカゴ、オーケストラ・ホール(ステレオ:セッション:音源:RCA)

【CD2】ブラームス:『ピアノ協奏曲第2番変ロ長調Op.83』~エミール・ギレリス(ピアノ)フリッツ・ライナー(指揮) シカゴ交響楽団 ヤーノシュ・シュタルケル(Vc)《録音》1958年2月8日、シカゴ、オーケストラ・ホール(ステレオ:セッション:音源:RCA)

【CD3】シューベルト:『ピアノ・ソナタ第17番ニ長調D.850★』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1960年1月16~20日、ニューヨーク、タウン・ホール(ステレオ:セッション:音源:RCA)

【CD4】リスト:『ピアノ・ソナタ ロ短調 S.178』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1964年12月24日、ニューヨーク、タウン・ホール(ステレオ:セッション:音源:RCA)シューベルト:『ピアノ・ソナタ第14番イ短調 D.784』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1964年12月22~23日, 1965年1月8日(ステレオ:セッション:音源:RCA)

【CD5】ショスタコーヴィチ:『ピアノ・ソナタ第2番ロ短調Op.61』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1965年1月8日、カーネギー・ホール(ステレオ:セッション:音源:RCA)J・S・バッハ:『フランス組曲第5番ト長調BWV816★』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1960年2月25日(ステレオ:セッション:音源:RCA)

【CD6】ショパン:『ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11』~ エミール・ギレリス(ピアノ) ユージン・オーマンディ(指揮) フィラデルフィア管弦楽団《録音》1964年12月31日、フィラデルフィア、タウンホール(ステレオ:セッション:音源:Columbia)【CD7】チャイコフスキー:『ピアノ協奏曲第1番変ロ短調Op.23』~ エミール・ギレリス(ピアノ)ズービン・メータ(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック《録音》1979年11月14日、ニューヨーク、リンカーン・センター(デジタル:ライヴ:音源:CBS)J・S・バッハ:『前奏曲ロ短調BWV.855』~ エミール・ギレリス(ピアノ)《録音》1979年11月14日、ニューヨーク、リンカーン・センター(デジタル:ライヴ:音源:CBS) ★ギレリスによる唯一の録音。