THE STRENGTH / THE SOUND / THE SONGS (GLOW IN THE DARY VINYL)

VOLBEAT ヴォルビート

  • レコード
  • 新品在庫あり
  • (翌日~翌々日に発送)

3,190円(税込)

※5,000円(税込)以上買うと送料無料!新品でも中古品でもOK!

  • 再入荷
レーベル
ADA
国(Country)
EU
フォーマット
LP(レコード)
規格番号
M717412
通販番号
HMHR210226-403
発売日
2021年03月26日
EAN
0810020502671
  • LINE

  • メール

商品詳細情報

【輸入盤】
強烈な印象を残す個性的ヘヴィ・サウンド、楽曲構築力、その全てが強靭な力強さを備え、世界に鳴り響く…
デンマークから世界に轟音を響かせるメタル・バンド、ヴォルビート。2005年に彼らが発表した、その独自性に満ちたヘヴィ・サウンドを世界に向けて発信する第一歩となった記念すべきデビュー・アルバム『THE STRENGTH / THE SOUND / THE SONGS』が、発売15周年を記念した限定蓄光アナログ盤(Glow In The Dark Vinyl)となって登場!

◆2001年にデンマークのコペンハーゲンで産声を上げ、ハードなロック・サウンドと強靭なメタル・サウンド、そこにロカビリーの要素を加えた独自のヘヴィネスに見事なメロディ・ラインを融合させたそのサウンドで、ヨーロッパ全土から全米へ、そして全世界へとファンを増殖し続ける重要メタル・バンド、ヴォルビート。現在までに7枚のスタジオ・アルバムを発表し、自国デンマークをはじめ世界各国で数々のゴールド・ディスクを獲得、グラミー賞にもノミネートを果たし、8曲の全米メインストリーム・ロック・チャートの#1を生み出す(ヨーロッパ出身のバンドでは最多)など、その圧倒的音像で世界を虜にするロック・バンドだ。

◆そんな彼らがMascot Recordsから記念すべきデビュー・アルバム『THE STRENGTH / THE SOUND / THE SONGS』を発表したのは、今から15年前となる2005年のこと。アルバム発売後にRoskildeやDownload、Pinkpopといったヨーロッパのフェスティヴァルに出演し、正統派メタル・サウンドにロカビリーやロックンロールの要素を融合させた独自のヘヴィ・サウンドと圧巻のパフォーマンスで一気に注目を浴びる存在へと成長していった。このデビュー作は長期にわたりデンマーク・アルバム・チャートのランク・インし続け、母国の音楽賞も受賞、以降の世界的な大躍進へと続く大きな一歩となった、まさに「記念すべき」アルバムだ。

◆そのデビュー・アルバムの発売15周年を記念して、この作品が限定蓄光アナログ盤となってリリースされることとなった。明るい光のもとにこのアナログ盤を数分置いておくと、暗闇で光を放つディスクへと変貌するこの蓄光アナログ盤、まさに彼らが世界へと大きな一歩を踏み出す作品/人の目・耳に触れることでその魅力でオーディエンスを虜にしていく作品そのもののような効果を感じさせてくれるアナログ盤が登場するのだ。この輝かしきデビュー・アルバムの発売15周年を祝福するのにふさわしいフォーマットだと言えるだろう。

◆デビュー・シングルとなったダスティ・スプリングフィールドの「I Only Wanna Be With You」のカヴァー曲や、今もライヴの定番曲となっている「Pool of Booze, Booze, Booza」や「Soulweeper」などを収録したこの『THE STRENGTH / THE SOUND / THE SONGS』。リリースされた2005年当時はヨーロッパを中心とした人気にとどまっていたのだが、世界的な存在へと成長していくヴォルビートというバンドの個性/独自性は、既にこの作品にしっかりと刻み込まれている。

 

※メーカー・インフォメーションより

ソングリスト

  • 1. Caroline Leaving
  • 2. Another Day, Another Way
  • 3. Something Else Or...
  • 4. Rebel Monster
  • 5. Pool Of Booze, Booze, Booza
  • 6. Always. Wu
  • 7. Say Your Number
  • 8. Soulweeper
  • 9. Fire Song
  • 10. Danny & Lucy (11pm)
  • 11. Caroline #1
  • 12. Alienized
  • 13. I Only Wanna Be With You
  • 14. Everything's Still Fine
  • 15. Healing Subconsciously